青森県」カテゴリーアーカイブ

青森県平川市 碇ヶ関御関所跡

碇ヶ関御関所弘前藩が設置した南側国境の関所で、
陣も備えた宿場町であった為に、
地域一帯が城下町の様相を呈していたとされ、
弘前城から見ると出城のようなものでもありました。


関所之跡」碑。
平川を天然の堀として番所大橋続きを読む

青森県西津軽郡 津軽藩発祥之地

鯵ヶ沢にある赤石川の中流に津軽藩発祥之地があります。
ここが津軽藩(弘前藩)の発祥の地とされるのは、
藩祖とされる大浦光信の居城である種里城と、
その光信の墓所があるからです。

本来藩祖とは初代藩主、若しくはその先代ですが、
弘前藩の藩祖は初代藩主… 続きを読む

青森県つがる市 高山稲荷神社

仕事で2週間程津軽周辺に滞在。
津軽半島の西岸は七里長浜と呼ばれる海岸が続き、
砂地防風林が続いています。


防風林が森の様に広がっており、
内陸には湖沼が数多く見受けられました。
海から吹く風によって運ばれた砂により、
水はけのよい地質のようで、
メロンやスイカなどの栽培が行われています。

この七里長浜の中央北寄りの高山の地に、
高山稲荷神社があります。

「… 続きを読む

青森県八戸市 館鼻公園と中野優子の墓

館鼻八戸港から出航する廻船漁船の為に、
天候や風向、潮の様子をみる場所で、
八戸藩川口奉行所近くの浜に隣接した丘陵でした。

安政元年には海岸防備の為に台場が造営され、
大砲が設置されていたそうです。… 続きを読む

青森県東津軽郡 吉田松陰 乗船の場

吉田松陰宮部鼎蔵は東北遊学の際、
津軽半島の外周をまわり、平舘台場を見学した後、
二矢村で漁舟に便乗して青森へ向かっています。


吉田松陰 乗船の場」。
2人が乗船したという地に、
比較的新しい看板が設置されています。

実は松陰が記した「二矢村」という村はありません。
ここより南に行くと「… 続きを読む