青森県」カテゴリーアーカイブ

青森県外ヶ浜町 吉田松陰 乗船の場

吉田松陰宮部鼎蔵は東北遊学の際、
津軽半島の外周をまわり、平舘台場を見学した後、
二矢村で漁舟に便乗して青森へ向かっています。


吉田松陰 乗船の場」。
2人が乗船したという地に、
比較的新しい看板が設置されています。

実は松陰が記した「二矢村」という村はありません。
ここより南に行くと「… 続きを読む

青森県外ヶ浜町 平舘台場跡

弘化4年。平舘オランダ船が現れ、
8人が上陸して、食料が欲しいと村人に伝え、
ぬか漬け大根を貰って帰っています。
翌日、今度はが欲しいとやって来ますが、
村人は無いと言って断りました。
4日後には少し南の野田に上陸して、
また米が欲しいと言ってきましたが、
村人は生大根続きを読む

青森県外ヶ浜町 蟹田台場跡

弘前藩蟹田湊は、 幕末期で戸数122戸、
船問屋2軒とそれほど大きな港町ではありませんが、
外ヶ浜にはヒバの美林が広がっており、
藩はここから取れる木材を財源としていました。

蟹田湊はその木材積み出し港となっており、
この小さな港町に町奉行が置かれ、
木材方を兼務させています。


「… 続きを読む

青森県黒石市 保福寺跡

黒石藩津軽家の墓所は、保福寺跡
跡ということは寺はここには無いということですが、
廃寺になったということではなく、
平成3年に火災によって焼失してしまった為、
市街から東に行った牡丹平へ移転しています。


保福寺山門」。
焼失してしまった元の保福寺の跡は、
墓地等が残されている以外は更地となっており、
更地なだけにその寺域が広大な事がわかります。


津軽家墓所続きを読む

青森県弘前市 長勝寺

長勝寺は、津軽家の先祖大浦光信の死後、
子の大浦盛信が亡き父の菩提を弔う為、
鯵ヶ沢種里に創建した曹洞宗の寺院。
その後、大浦家が堀越城に移ると堀越に移転し、
※当主大浦為信は、姓を津軽に改めています。
さらに… 続きを読む