福島県」カテゴリーアーカイブ

福島県相馬市 相馬中村城跡①

①/

相馬家平氏一門の名家で、
鎌倉時代より陸奥国に移住し、
約740年の間この地を統治していました。
これは南部家島津家などと同様に最も古く、
世界史的に見ても長期の統治期間だったようです。

戦国時代の当主相馬義胤続きを読む

福島県伊達市 下手渡陣屋跡

柳河藩初代藩主立花宗茂の実弟立花直次は、
関ケ原の戦いで西軍でだった為、
兄の宗茂と共に改易されますが、
後に2代将軍徳川秀忠に召し抱えられ、
常陸国筑波郡柿岡5000石の旗本となりました。

直次の次代立花種次の代に5千石加増のうえ、… 続きを読む

福島県福島市 世良修蔵官修墳墓

世良修蔵奥羽列藩の恨みを買い殺害されています。

世良は薩摩藩士大山格之助と共に、
奥羽鎮撫総督府下参謀となり、
わずか570名の鎮撫総督府と共に仙台に向かい、
仙台藩主に無礼な態度をとり、会津に出兵を命じました。

これに対して仙台藩士達は世良を憎悪し、
わずかばかりの兵で官軍だと威張り散らす彼らを、
悪意の対象として見るようになります。… 続きを読む

福島県福島市 福島城跡

福島は江戸時代初期、米沢藩上杉家の領地で、
福島城一国一城令の例外として存続し、
上杉家の重臣本庄繁長が城代を務め、
以後、次男充長、六男重長が城代を務めています。

しかし、米沢藩3代藩主上杉綱勝が嗣子なく死去し、
米沢藩は… 続きを読む