福島県」カテゴリーアーカイブ

福島県石川郡 浅川代官所陣屋跡

寛保元年(1741)、高田藩久松松平家白河藩へ、
白河藩越前松平家姫路藩へ、
姫路藩榊原家高田藩へ、
それぞれを転封する三方領地替えが行われ、
それに伴って浅川領8万4千余石が高田藩領となり、
高田藩の… 続きを読む

福島県東白川郡 塙代官所陣屋跡

塙代官所陸奥国幕府直轄領5万石を支配し、
その行政を担った代官所で、
享保14年(1730)から慶応4年までの139年間で、
45人の代官が赴任しています。


子育て地蔵尊(塙代官所跡)」。
塙代官所陣屋跡は現在、子育て地蔵尊が祀られ、
地元の子供たちの健やかな成長を見守っています。
これは名代官23代寺西重次郎源封元が、… 続きを読む

福島県東白川郡 棚倉城跡

左遷藩」このような言葉は江戸時代にはなく、
近代以降の造語であるらしいのですが、
山形藩棚倉藩はこの不名誉な造語で呼ばれます。
左遷とは閑職や低い地位、地方に飛ばされる事で、
譜代大名が失脚した際にこの2藩に転封された為、
そのように呼ばれるようになりました。

確かに藩主家は9家も代わっており、
その理由は様々ながら刑罰的な転封で、… 続きを読む

福島県白河市 高田藩飛地釜子陣屋跡

越後高田藩榊原家15万石のうち、
本領高田の石高は約6万石であったようで、
残りの9万石は飛地の奥州浅川領でした。
この為に藩財政は困窮していましたが、
名君とされる3代藩主榊原政令の時代に、
飛地5万余石の領地替えが行われて、
本領隣接地に移されています。
そうした事から浅川にあった飛地陣屋が、
釜子に移されて釜子陣屋が建てられ、… 続きを読む

福島県白河市 仙臺藩士戊辰戦沒之碑

会津街道奥州街道の分岐点であった女石に、
仙台藩の戦死者を慰霊する碑が建てられています。


仙台藩は白河戦争(白河口の戦い)で、
参謀坂本大炊はじめ150余の戦死者を出しており、
各地でその屍が集められてこの場所に埋葬。
地元有志によって供養塔が建立され、
後に慰霊碑が建てられました。


仙臺藩士戊辰戦沒之碑」。… 続きを読む