小倉戦争」タグアーカイブ

福岡県京都郡 島村志津摩終焉の地

島村志津摩は隠居後に京都で死去した」。
昔、これを何かの本でナナメ読みして、
島村志津摩は維新後に京都府に移住し、
そこで死去したとばかり思っていましたが、
これが全くの勘違いで京都府や京都市ではなく、
京都違いの福岡県京都郡でした。

おバカな間違いでお恥ずかしい限りですが、
実際に島村が隠棲したのは豊津藩領の二崎続きを読む

福岡県田川郡 碧巌寺(小倉藩主小笠原忠幹仮埋葬地)

小倉藩9代藩主小笠原忠幹小倉戦争直前で病死。
有事ということでその死は伏せられ、
忠幹の遺骸は密かに城内に埋められました。
その後、熊本藩ら諸藩の撤兵で孤立した小倉藩は、
小倉城を自焼させて城下から田川まで撤退。
香春を仮藩庁としました。

未だ長州藩と交戦状態にある小倉藩は、… 続きを読む

福岡県田川郡 金辺峠(再訪)

小倉秋月を結ぶ香春街道の要衝の地である金辺峠
小倉藩は本拠地である小倉城を自焼させ、
金辺峠を最後の砦として長州勢に抵抗しており、
峠にはその指揮を執った島村志津摩の碑が建てられています。

この金辺峠には6年前続きを読む

福岡県北九州市 開善寺(千束藩小笠原家墓所)

開善寺小笠原貞宗信濃に中興した寺で、
元々は鎌倉時代後期に四条頼基が創建したもの。
後に府中小笠原宗家小倉藩に入封すると、
城下に信濃の開善寺と同名の寺が創建されます。
以後、藩重臣達の菩提寺として城下で栄え、
小倉戦争では… 続きを読む

福岡県豊前市 千束陣屋跡

小倉新田藩は、小倉藩2代藩主小笠原忠雄によって、
弟の小笠原真方1万石が分与されて立藩した支藩。
他の新田藩の多くが江戸定府大名であるのと同じく、
小倉新田藩も参勤交代を行わない定府大名でした。

小倉城下の屋敷に藩庁が置かれ、
幕末期は支藩として小倉藩と行動を共にしますが、
小倉城落城と共に藩庁を失います。… 続きを読む