小倉戦争」タグアーカイブ

福岡県豊前市 千束陣屋跡

小倉新田藩は、小倉藩2代藩主小笠原忠雄によって、
弟の小笠原真方1万石が分与されて立藩した支藩。
他の新田藩の多くが江戸定府大名であるのと同じく、
小倉新田藩も参勤交代を行わない定府大名でした。

小倉城下の屋敷に藩庁が置かれ、
幕末期は支藩として小倉藩と行動を共にしますが、
小倉城落城と共に藩庁を失います。… 続きを読む

福岡県北九州市 小倉城

僕の住んでる場所から一番近い城は小倉城です。
子供の頃から何度か行っており、あまりにも身近ですので、
今までわざわざ記事にすることもなかったのですが、
たまたま近くの商業施設に用があったので、
ちょっと寄ってみました。


小倉城天守」。
昭和34年に、鉄筋コンクリートで模擬復興したもの。
幕長戦争小倉口の戦い(小倉戦争)において、
小倉藩が自焼させたと思っていましたが、
実は当時、天守は存在していませんでした。

天保8年の失火によって… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 八軒屋砲台

関門海峡は、無数の船が毎日のように行き交い、
とても素晴らしいロケーションなのですが、
近年の人口減少に反して、
海岸線に高層マンションが建ち始めました。

特に阿弥陀寺町には、何棟もマンションが建ち並び、
たかだか人口20万人の中核市なのに、
入る人いるの??と思っちゃうほど。


阿弥陀寺町」。
国道9号線から関門橋を眺めた様子。
ベランダから関門海峡が望めるって、
たしかに素敵でしょうけどね。
花火大会も特等席で観られるでしょう。
まあ、こういうのが建って人口増加に繋がれば、… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 紅石山砲台跡


大連神社境内には、
社務所らしき小さな建物がありますが、
現在は使われていない様子。
この裏手に紅石山の頂上へつながる道があります。


社務所らしき建物の裏手には、
何らかの建物がたっていたであろう石垣が。
これは阿弥陀寺関係の諸坊の石垣でしょうか?


石垣があった場所からさらに奥へ進む。
山道というよりけもの道といった感じ。
かろうじて道と思われる場所を進みます。


意外とすぐに山頂続きを読む

下関市阿弥陀寺町 梅ノ坊砲台

平家一門と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇を祀る赤間神宮
この赤間神宮は、幕末まで阿弥陀寺という寺でしたが、
明治になって「天皇社」として神社となり、
明治8年に「赤間宮」15年に「赤間神宮」となりました。


赤間神宮」。
竜宮城続きを読む