佐賀藩」タグアーカイブ

佐賀県武雄市 武雄鍋島家別邸跡

28代武雄領主であった鍋島茂義は、
嘉永4年に隠居屋敷を造設しており、
そこに造園された庭園が残されています。


鍋島藩武雄領主の庭園」。
明治元年。本拠であった武雄陣屋が火災で焼失。
※武雄陣屋跡は現在の武雄高等学校の敷地。
29代武雄領主鍋島茂昌続きを読む

佐賀県武雄市 円応寺(武雄鍋島家墓所)

古くから武雄の領主であった後藤家でしたが、
龍造寺隆信の勢力拡大により、
その支配下となっていました。

隆信が沖田畷の戦いで討ち取られた後、
跡を継いだ龍造寺政家より竜造寺姓を賜りますが、
竜造寺家は鍋島直茂が実権を掌握。
鍋島家と龍造寺一門との融和政策が行われ、
武雄竜造寺家も鍋島姓を賜り、
以後は武雄鍋島家として、… 続きを読む

佐賀県佐賀市 鍋島家春日御墓所

佐賀藩主鍋島直正(閑叟)は、
文化11年に江戸桜田藩邸で生まれ、
明治4年に58歳で同じく桜田藩邸で死去し、
亡骸は麻布の賢宗寺に葬られました。

この春日山には遺髪納められていましたが、
平成11年になって遺骨が賢宗寺より改葬され、
また、最後の藩主鍋島直大続きを読む

佐賀県佐賀市 蓮池陣屋跡

蓮池藩佐賀藩初代藩主鍋島勝茂の五男鍋島直澄が、
5万2千石を分知されて立藩した佐賀藩の支藩です。
はじめ佐賀城三ノ丸に政庁を構えていましたが、
後に蓮池に陣屋を構えました。

蓮池陣屋跡は、蓮池神社及び蓮池公園続きを読む