藩庁」タグアーカイブ

福島県東白川郡 棚倉城跡

左遷藩」このような言葉は江戸時代にはなく、
近代以降の造語であるらしいのですが、
山形藩棚倉藩はこの不名誉な造語で呼ばれます。
左遷とは閑職や低い地位、地方に飛ばされる事で、
譜代大名が失脚した際にこの2藩に転封された為、
そのように呼ばれるようになりました。

確かに藩主家は9家も代わっており、
その理由は様々ながら刑罰的な転封で、… 続きを読む

広島県福山市 福山城

元和5年(1619)、徳川家康の従兄弟であった水野勝成が、
長州藩、広島藩などの西国外様大名に対する抑えとして、
備後国備中国の計10万石を与えられました。
入封時に割り当てられた居城は神辺城でしたが、
神辺城は内陸でしかも何度も落城した城であった事から、
新規に城が建設される事となります。
一国一城令続きを読む

岡山県岡山市 岡山城(西ノ丸西手櫓)

岡山城の現存建築物は、本丸跡月見櫓の他、
本丸跡より300m西側に西丸西手櫓があります。


岡山城西丸西手櫓」。
西ノ丸は藩主居館である西ノ丸御殿があった場所で、
この西ノ丸西手櫓はその西ノ丸にあった二階櫓。
大正期の岡山での禁酒運動の拠点であり、
空襲を免れた岡山禁酒會館続きを読む

兵庫県宍粟市 山崎陣屋跡

池田輝政の子で徳川家康の外孫である池田輝澄は、
宍粟郡3万8千石を与えられ山崎に城郭を建設。
※後に佐用郡3万石が加増される。
築城と共に山崎の城下町や街道が整備されましたが、
些細な争いから家中を二分する御家騒動が発展。
多くの家臣が脱藩するなど混乱を極め、
輝澄は家中不取締によって改易
代わって岸和田藩より松平康映続きを読む

兵庫県姫路市 安志陣屋跡

小笠原宗家の小笠原秀政と長男小笠原忠脩は、
大坂夏の陣天王寺の戦いで壮絶に戦死。
忠脩の遺児小笠原長次が幼少であった為、
家督は秀政の次男小笠原忠真が相続します。
長次は忠真の許で養育された後、
別家に興されて龍野藩6万石に封ぜられ、
後に… 続きを読む