藩庁」タグアーカイブ

愛知県犬山市 犬山城②

/②

つづき。

大手道を登り黒門跡へ。

黒門跡」。
枡形になっている大手口の門跡で、
この黒門は現在市内の徳林寺に移築現存されています。


針綱神社拝殿」。
黒門を過ぎるた正面が桐之丸跡で、… 続きを読む

愛知県犬山市 犬山城①

①/

犬山城は全国12棟しかない現存天守のひとつで、
さらに5つしかない国宝天守のひとつ。
しかも近年、最古の天守とされた丸岡城天守が、
寛永5年(1628)の建造と判明した為、
犬山城の天守が最古の天守となっています。
※天文6年(1537年)又は慶長6年(1601年)。


木曽川と犬山城」。… 続きを読む

香川県丸亀市 丸亀城①

①/

丸亀城は現在の丸亀市街南部の亀山に建てられた平山城で、
総高が日本一だという4重の石垣を要しています。
※4重合わせて60m。単体での日本一は大坂城の33m。
その頂点に聳える天守は全国12棟しかない現存天守
他にも現存建屋も多く残っており、
全国の城ファンがいつかは訪れたい城のひとつです。


亀山公園」。
現在の丸亀城は亀山公園続きを読む

香川県仲多度郡多度津町 多度津陣屋跡

丸亀藩2代京極高豊正室との間に男児3人を設けますが、
3人に共相次いで早逝してしまいます。
その後、側室との間に男児が生まれていますが、
その翌年に再び正室との間に待望の男児が誕生。
継子には正室との子である京極高或が選ばれますが、
高豊は別家の新設を幕府に届け出ました。

高豊は2年後に病没し、3代藩主に高或が就任しますが、
その際に正室の子京極高通に1万石の分知が認められ、
多度津続きを読む