高田藩」タグアーカイブ

福島県石川郡 浅川代官所陣屋跡

寛保元年(1741)、高田藩久松松平家白河藩へ、
白河藩越前松平家姫路藩へ、
そして姫路藩榊原家高田藩へ、
それぞれを転封させる三方領地替えが行われ、
それに伴い浅川領8万4千石が高田藩領となり、… 続きを読む

福島県白河市 高田藩飛地釜子陣屋跡

越後高田藩榊原家15万石のうち、
本領高田の石高は約6万石であったようで、
残りの9万石は飛地の奥州浅川領でした。
この為に藩財政は困窮していましたが、
名君とされる3代藩主榊原政令の時代に、
飛地5万余石の領地替えが行われて、
本領隣接地に移されています。
そうした事から浅川にあった飛地陣屋が、
釜子に移されて釜子陣屋が建てられ、… 続きを読む

新潟県上越市 高田城跡

上越といえば真っ先に浮かぶのは上杉謙信春日山城
僕も20年以上前に上越市に来た事があるのですが、
上越市に高田城という城があった事を知りませんでした。
※その当時はそれほど歴史に興味が無かった為。
上杉謙信については子供の頃から好きな武将で、
謙信のお膝元に来たと喜んだ記憶がありますが、
もちろん仕事で来たので何処にも観光していませんし、
春日山城跡にも行っていません。

そんな薄い思い出の上越市ですが、
今回は高田城跡を目当てにやってきました。

高田城地図」。… 続きを読む

広島県大竹市 長州の役戦跡 苦の坂

慶応2年6月13日。
長州征討軍先鋒の彦根藩兵と与板藩兵は、
岩国領との国境である大竹村に布陣。
翌14日から小瀬川対岸の長州勢と、
戦闘を開始しました。

一方、別動隊として高田藩兵千余名は、
立戸から苦の坂続きを読む