愛媛県」カテゴリーアーカイブ

愛媛県西条市 西条陣屋跡

西条藩一柳宗家が6万3000石で入封した藩。
初代一柳直盛は国入り前に病没してしまい、
この遺領を直盛の3人の息子が分割し、
長男一柳直重が3万石で西条藩を継ぎ、
次男直家が2万8000石で川之江を、
三男直頼が1万石で小松続きを読む

愛媛県西条市 近藤篤山関連史跡

小松藩の参政であった竹鼻正脩は、
7代藩主一柳頼親に藩校設立を進言し、
これが認められて藩校養正館が設立されます。

竹鼻は川之江の儒者近藤篤山を教授に迎え、
藩校を幕府の学問所昌平黌に倣って整備。
藩士子弟のみならず庶民にも門戸を開き、
藩内外に人材を輩出しました。… 続きを読む

愛媛県西条市 小松陣屋跡

小松藩直頼流一柳家が治める小藩。
西条6万3000石を与えられた一柳直盛は、
任地に赴く途中で病死してしまった為、
この遺領を3人の息子に分割されます。
嫡男の一柳直重が西条3万石を継ぎ、
次男の一柳直家が東側の川之江2万3000石、
三男の一柳直頼続きを読む

愛媛県今治市 今治藩久松松平家墓所

今治藩久松松平家松平定房の系譜で、
松平定勝の五男であった定房は、
伊勢国長島に7000石を領していましたが、
兄で定勝流宗家の松平定行伊予松山藩に転封された際、
同時に今治藩3万石に加増転封となり、
以降、廃藩置県まで今治を治めました。

定房は隠居後は今治で過ごしていましたが、
延宝4年(1676)に死去し、… 続きを読む

愛媛県今治市 今治城

今治城藤堂高虎によって築城された平城で、
海水を利用した三重の堀を持っており、
海城」にも分類されています。
現在は内堀のみを残して埋め立てられていますが、
堀を覗くと海に生息するサヨリ等が泳いでおり、
現在も海水が流れ込んでいる事がわかります。


今治城跡」碑。
現在は内堀内が吹揚公園として整備されており、
模擬天守続きを読む