勝海舟」タグアーカイブ

熊本県苓北町 富岡城(富岡陣屋)跡②

つづき。
/②

富岡城二の丸駐車場より坂を登ると、
二ノ丸跡の石垣が見えてきます。

二ノ丸石垣」。
富岡城は大きな城ではありませんが、
天草四郎率いる一揆勢の猛攻に耐えています。


石垣が不規則で珍しいなと思ったら、
これは3重構造の石垣を上手に残して再現されたもの。
1番奥が唐津藩時代のもので、攻城の痕跡が残る石垣。
2番目がその石垣を隠す為に急増された封印石垣続きを読む

熊本県苓北町 富岡城(富岡陣屋)跡①

①/

島原・天草の乱は、江戸時代の最大の内戦で、
島原藩領及び唐津藩飛地の天草領の領民が、
過酷な年貢徴収や、キリシタン迫害を受けて、
両藩に対して起こした一揆反乱でした。

島原と天草の領民達は、… 続きを読む

長崎県島原市 龍馬上陸の地

元治元年2月。
四ヶ国連合艦隊下関を攻撃するということで、
外国側と交渉してこれを回避するべく、
幕府より調停役を命じられた勝海舟は、
総勢47名の大所帯で神戸から長崎に向かいます。
この一行に坂本龍馬ら勝の門弟も同行し、
龍馬は初めて長崎を訪れる事になりました。… 続きを読む

大分県大分市 佐賀関(海舟龍馬上陸地と宿泊地)

攘夷決行による長州藩の関門海峡封鎖に対し、
四カ国艦隊の下関への報復を止まらせる為、
勝海舟は諸外国との交渉のために長崎へ向かいました。
これに神戸海軍塾の塾生坂本龍馬も同行しています。

神戸から第二長崎丸に乗り込んだ一行は、
2月15日に佐賀関に到着。
船を下りた一行は、そこから陸路を長崎に向かいます。
佐賀関は… 続きを読む

長崎県長崎市 長崎奉行所西役所跡

本博多町に設置されていた長崎奉行所は、
寛文3年(1663)の大火で焼失してしまった為、
江戸町に東役所西役所の2つに分けられています。
その後、東役所は立山に移転して西役所のみが残され、
立山役所と西役所で長崎奉行所が運営されました。

西役所のあった場所は現在の長崎県庁。… 続きを読む