平戸藩」タグアーカイブ

長崎県平戸市 正宗寺(平戸藩主松浦隆信墓所) 


平戸藩3代藩主松浦隆信は、
2代松浦久信と正室そのの長男として生まれ、
父久信が早逝した為に12歳で跡を継ぎます。
母のそのは熱心なキリシタンで、
隆信は幼少期に洗礼を受けていましたが、
幕府による禁教令で棄教し、
領内でキリシタンの弾圧を行いました。… 続きを読む

長崎県平戸市 雄香寺(平戸藩松浦家墓所)【再訪】

雄香寺平戸藩5代藩主松浦棟が、
的山大島の古寺江月庵を移して創建し、
5代以降の歴代藩主の菩提寺となった寺院。


雄香寺」。
前回の訪問時は裏手の墓地側から、
松浦家墓所開山堂のみを訪問。
今回はちゃんと正門から境内へ。… 続きを読む

長崎県平戸市 最教寺(平戸藩主松浦鎮信墓所)

現在の最教寺のある場所は、
空海より帰国した際に護摩を炊いた場所。
この事から平戸藩初代藩主松浦鎮信は、
真言宗寺院の建設を思い立ちますが、
当時その場所には曹洞宗寺院が既にあった為、
鎮信は寺の住職に移転を要求しますが、… 続きを読む

長崎県平戸市 普門寺(平戸藩主松浦熈墓所)


松浦家の21代当主であった松浦義は、
室町幕府6代将軍足利利教により、
肥前守に任じられていましたが、
義教は嘉吉の乱赤松満祐に殺害されてしまう。
義は義教の追悼の為に出家して融義と称し、
勝尾岳中腹に… 続きを読む

長崎県南松浦郡 続代官所跡

仕事で年に数度上五島へ行きますが、
上五島を含む五島列島は、全て福江藩領か、
その支藩格の富江領かと思っていましたが、
平戸藩領もあったようです。


南松浦郡新上五島町青方・浜ノ浦周辺(続代官所跡の場所)
中通島の西側にある道土井、続、浜ノ浦、飯ノ野瀬戸と、
折島、柏島、串島の三島が平戸藩領でした。
南松浦郡という地名もそれに由来するのでしょう。
続代官所続きを読む