戊辰戦争」タグアーカイブ

群馬県伊勢崎市 伊勢崎陣屋跡

長い長い東北出張を終えた帰路、
途中の伊勢崎で一泊しましたので、
早朝の出発前に周辺の史跡へ。

出張中に帰りは伊勢崎で一泊するというと、
伊勢崎オートレース場で一発当てて帰ったらと、
お客さんに冗談を言われましたが、
確かに宿の近くにオートレース場がありましたが、
もちろん僕は博才はありませんし、
そんな時間もお金も興味もありません。
ただ子供の頃に親戚の伯父さんに連れられて、
山陽小野田市にある山陽オートに行った記憶があり、
今は亡き伯父さんを思い出しました。

前置きが長くなりましたが、
伊勢崎藩続きを読む

秋田県横手市 横手城跡

久保田藩は出羽半国とはいえ広大な面積を持ち、
また常陸一国から出羽半国に減転封させた手前、
幕府久保田城の他に横手城大館城の維持を許し、
久保田藩は3つの城を持つ事になりました。

横手城一国一城令を免れた久保田藩の支城で、
久保田藩家老家戸村家が代々城代続きを読む

秋田県湯沢市 岩崎陣屋跡

久保田藩の3代藩主佐竹義処は、
弟の佐竹義長に新田2万石を、
甥の佐竹義都に同じく新田1万石を与え、
幕府の許可を得て支藩を立藩させます。
※義長の新田藩は佐竹壱岐守家
 義都の新田藩は佐竹式部少輔家
続きを読む

山形県新庄市 新庄城跡

新庄藩戸沢家鎌倉時代以来の名門で、
戦国時代の当主である戸沢盛安は、
角舘(秋田県仙北)を中心に勢力を拡大し、
戦では常に先頭に立ち、単騎で敵に突っ込み、
鬼九郎」「夜叉九郎」と恐れられたという。

盛安は豊臣秀吉小田原征伐続きを読む

宮城県石巻市 西光寺(真田喜平太墓所)

真田幸村(信繁)の系譜が仙台藩士として続き、
幕末の当主真田喜平太幸歓は西洋砲術を学び、
開明派の藩士であったという。
この真田喜平太の墓碑が石巻西光寺にあります。


西光寺」。
浄土宗の古刹で創建は鎌倉時代中期という。… 続きを読む