戊辰戦争」タグアーカイブ

岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋、… 続きを読む

茨城県結城市 光福寺(水埜甚四郎勝徴墓所)

結城藩江戸家老水野甚四郎の墓が光福寺にあります。
甚四郎は藩主家支流の家老家出身で、
佐幕派の江戸家老でした。
幕府崩壊後もその姿勢は変わらず、
恭順派家老小場兵馬の進言によって一時罷免されますが、
藩主水野勝知が元々佐幕思想であった為か、
再び勝知を説得して旧幕府を支持させます。
この動きに驚いた国元の恭順派は勝知の説得を諦め、
新たな藩主を擁立して結城城続きを読む

茨城県結城市 結城城跡

下総国結城郡はその名のとおり結城家の治めた地で、
源頼朝に仕えた小山朝光が結城郡の地頭に任じられ、
結城朝光を名乗って結城家の祖となっています。
朝光は平家追討軍にも参加しており、
壇之浦の戦いにも参加。
結城城は朝光により築城された城で、… 続きを読む

秋田県由利本荘市 亀田城跡

鎌倉幕府地頭であった岩城家は、
豊臣政権では磐城平12万石を安堵されていましたが、
当主岩城貞隆徳川家康による会津征伐に参加せず、
兄の蘆名盛重や弟の… 続きを読む

秋田県秋田市 久保田城跡②

/②

つづき。

本丸中央には最後の藩主佐竹義堯の像が建てられています。

佐竹義堯公銅像」。
最後の久保田藩主12代佐竹義堯の銅像。
相馬中村藩藩主相馬益胤の三男として生まれ、
久保田新田藩藩主佐竹義純続きを読む