戊辰戦争」タグアーカイブ

山形県鶴岡市 鶴ヶ岡城跡

戊辰戦争で最強とうたわれた庄内藩
念願であったその居城を訪問しました。

庄内地方は上杉家最上家が奪い合った地で、
豊臣政権時代は上杉領となっていましたが、
関ヶ原の戦いの後に上杉家は米沢に減転封され、
代わって最上家が庄内地方を領します。

最上家は大宝寺城、… 続きを読む

福島県伊達市 耕雲寺(下手渡藩立花家墓所)

三池藩立花家柳河藩立花家の支流ですが、
幕府より加増を受けて大名となっており、
宗家の柳河藩立花家の支藩ではありません。

しかしながら三池藩初代藩主立花種次は、
柳河藩初代立花宗茂の甥であり、
その所領は柳河藩と同じく筑後国にあり、
何かと宗家の援助を受けていました。

6代藩主立花種周続きを読む

山形県米沢市 龍泉寺(会津藩士堀粂之助の墓所)

明治元年8月23日、新政府軍鶴ヶ城に迫り、
会津藩籠城戦を決意しました。
そこで友軍の米沢藩に援軍を要請する為、
堀粂之助吉村寅之進を使者として米沢に派遣。
2人は9月3日に米沢に到着し、
直ちに家老竹俣久綱に面会し、… 続きを読む

山形県酒田市 出羽松山城跡

松山城という城は全国に多くあり、
この名の城を藩庁とした藩も多い。
幕末には3つの松山城が藩庁となっており、
そのうちの備中松山城伊予松山城が、
現存天守を残しています。

今回訪問したのはもう一つの松山城で、
区別の為に出羽松山城と呼ばれていますが、
残念ながらこの松山城だけ天守が残っていません。
※もちろん天守が残っている方が稀です。

出羽松山藩庄内藩続きを読む

福島県白河市 高田藩飛地釜子陣屋跡

越後高田藩榊原家15万石のうち、
本領高田の石高は約6万石であったようで、
残りの9万石は飛地の奥州浅川領でした。
この為に藩財政は困窮していましたが、
名君とされる3代藩主榊原政令の時代に、
飛地5万余石の領地替えが行われて、
本領隣接地に移されています。
そうした事から浅川にあった飛地陣屋が、
釜子に移されて釜子陣屋が建てられ、… 続きを読む