石州戦争」タグアーカイブ

島根県鹿足郡津和野町 旧堀氏庭園

石見国の大部分は浜田藩津和野藩領でしたが、
鉱山などの重要な一部の地域は、
天領として幕府が持っていました。
石見銀山(記事はこちら)がその代表ですが、
鹿足郡のあった笹ヶ谷銅山も天領として、… 続きを読む

島根県益田市 机崎神社

机崎神社は、奈良時代に創建された古い神社で、
五穀豊穣にご利益があると、
地元民や時の領主に信仰されました。

元々は、川の対岸の稲積山にあった稲積神社が、
南北朝時代に現在の場所に遷座されて、
机崎神社と呼ばれるようになったようです。

扇原関門(記事はこちら)を突破した長州勢続きを読む

島根県益田市 剣豪永井金三郎の墓

石州戦争で戦死した剣豪永井金三郎の墓に行ってみました。

永井は浜田藩の剣豪として名の知られた人物だったようで、
長州藩にも剣術を教えに出かけた事もあるらしいのですが、
残念なことに調べても流派が判りませんでした

永井の墓は、萬福寺の墓地にあります。
この萬福寺の墓地には、益田領主益田兼見の墓もあり、
こちらの墓の方が有名で、説明板も建てられています。


益田兼見の墓続きを読む

山口県山口市 南園隊駐屯地跡

山口市街から国道9号線津和野方面に向かう阿東は、
日本におけるリンゴの最南端の特産地
青森長野など寒い地方で栽培される印象がありますが、
阿東は標高250~300mもあり、
冬の気温は-10℃にもなります。
そういう気候がリンゴ栽培に適しているらしく、
国道沿いにはリンゴの直売所などが立ち並び、… 続きを読む

島根県大田市 石見銀山

大森代官所界隈、武家屋敷界隈を過ぎ、
銀山方面に向かいます。


五百羅漢」。
大森代官所の同心であった中場定政が、
代官所の祈願寺である観世音寺へ参詣し、
そこの石像十六羅漢を拝んで、
五百躯の羅漢を安置したらさぞ壮観であろう
と住職… 続きを読む