[四国地方]」カテゴリーアーカイブ

愛媛県宇和島市 大隆寺(宇和島藩伊達家墓所)

宇和島藩伊達家のもうひとつの菩提寺大隆寺は、
以前の宇和島藩主富田信高により建立されたもので、
建立当時は金剛山正眼院の名で呼ばれていました。

富田信高は、豊臣秀吉の側近富田一白の嫡子で、
父の死後に家督を継いて安濃津城主となります。
関ケ原の戦いでは… 続きを読む

愛媛県宇和島市 等覚寺(宇和島藩伊達家墓所)

龍華山等覚寺宇和島藩伊達家の菩提寺で、
初代から4代藩主および、
6代以降の偶数代の藩主の墓所があります。


等覚寺山門」。
等覚寺は初代藩主伊達秀宗が、
母の菩提を弔うために建立した寺で、
建立当時は龍泉寺という寺名でした。
その後、秀宗が死去して龍泉寺に葬られたため、
秀宗の戒名(等覚寺殿拾遺義山常信大居士)より、
寺名を等覚寺と改められています。… 続きを読む

愛媛県宇和島市 大村益次郎住居跡

周防の村医村田良庵は、緒方洪庵適塾で蘭学を学び、
塾頭を勤めた後、鋳銭司に帰って医者を開業しています。

高野長英を幕吏の探索によって失った宇和島藩では、
高野に代わるのような蘭学者を求めていましたが、
そこで白羽の矢が立ったのが、
二宮敬作を訪ねに来た村田でした。

二宮や高野門下の藩士に一流の蘭学者と認められた村田は、
宇和島藩主… 続きを読む