愛知県」カテゴリーアーカイブ

愛知県犬山市 犬山城②

/②

つづき。

大手道を登り黒門跡へ。

黒門跡」。
枡形になっている大手口の門跡で、
この黒門は現在市内の徳林寺に移築現存されています。


針綱神社拝殿」。
黒門を過ぎるた正面が桐之丸跡で、… 続きを読む

愛知県刈谷市 重原陣屋跡

明治に入って立藩した藩が、少なからずあります。
重原藩もそのひとつで、戊辰戦争に敗れた福島藩は、
三河国重原に移封されて重原藩を立藩しました。
もともと重原は福島藩の飛地で、
この移封は福島城からの退去が目的だったようです。


刈谷駅東側周辺(重原陣屋跡の場所)


浄福寺」の横に「重原陣屋跡」の石碑と、… 続きを読む

愛知県豊田市 挙母城跡

挙母城挙母藩の藩庁。
挙母は元々は「」と表記していた様ですが、
本多家の入封によって「挙母」と改められました。

かつての藩庁の「桜城」は城ではなく陣屋形式でしたが、
安中藩より転封した内藤政苗は、桜城の城郭への改修を計画。
堀をめぐらし石垣を組んで、本格城郭への改修を進めますが、
矢作川の大洪水で中断し、その後も度重なる水害に遭った為、
桜城の改修を断念して、… 続きを読む

愛知県岡崎市 西大平陣屋跡

ウチの嫁さんの父は時代劇が好きだったようで、
TVには時代劇が毎日のように映されていたそうです。
水戸黄門遠山の金さん銭形平次など、
嫁さんも若い頃から大概の時代劇は観ていたようで、
その中でも一番好きだったのは「大岡越前」だったとの事。
最近お亡くなりになった加藤剛の渋さと、
人情厚い大岡裁きがお気に入りだったようです。… 続きを読む

愛知県岡崎市 岡崎城

岡崎城徳川家康の生誕地。
家康は3歳で実母と生き別れ、6歳で今川義元の人質となり、
父の松平広忠は謀反によって殺された為(諸説アリ)、
岡崎城は今川の支城となってしまいます。

桶狭間の戦いで義元が討たれると、
家康は岡崎城を取り戻し今川から独立。
後に浜松城に本拠を移すと、
嫡男の松平信康に岡崎城を任せます。… 続きを読む