三重県」カテゴリーアーカイブ

三重県桑名市 圓妙寺(桑名藩主松平定良墓所)

松平定良淀藩当時の松平定綱の次男で、
定綱が大垣藩、そして桑名藩に移った後、
死去した事に伴い桑名藩藩主となります。
聡明であったとされ信望も厚かったようですが、
体が弱くて病気がちだった為、
度々有馬温泉に療養に出かけていたという。
そして湯治からの帰路の… 続きを読む

三重県桑名市 照源寺(久松松平家墓所)

徳川家康の異父弟桑名藩初代松平定勝の死後、
2代将軍徳川秀忠の命によって、
定勝の次男松平定行崇源寺を建立し、
※寺名の由来は定勝の法号崇源院殿による。
定勝の遺骸を埋葬して菩提寺とします。
後に定行は4万石加増で伊予松山藩続きを読む

三重県鳥羽市 鳥羽城跡

鳥羽城鳥羽湾に突出する樋の山に築城され、
九鬼水軍の本拠地となっていました。
典型的な海城とされており、
面白いのが海側が大手となっており、
陸側が搦手となっているところ。
普通は陸側が大手になるはずですが、
水軍の城だけに海側がメインとなっています。


「… 続きを読む

三重県鳥羽市 常安寺(鳥羽藩稲垣家 九鬼家墓所)

常安寺鳥羽藩の初代藩主家の九鬼家
最後の藩主家稲垣家の墓所。
はじめ大福寺という真言宗の寺でしたが、
九鬼嘉隆によって曹洞宗に改められました。
しかし嘉隆は関ケ原の戦い続きを読む

三重県津市 玉琁寺(久居藩藤堂家墓所)

タイトルに玉琁寺と書きましたが、
という字は正確にはさんずい(氵)で、
おうへん(⺩)ではないのですが、
PCでは漢字変換が出来ませんので、
文中は玉琁寺に統一させて頂きます。

久居藩の歴代墓所は寒松院にありますが、
2代および3代のみ玉琁寺に墓があります。

山門」。… 続きを読む