金子文輔の馬関攘夷従軍筆記①

①///////////////

長州藩士金子文輔は文久3年5月より、
馬関(赤間関、下関)に歩兵小隊として出征し、
後に奇兵隊膺懲隊に編入していますが、
この出征について詳細な日記を記しており、
当時の下関の事件が知れる資料となっています。
また高杉晋作をはじめ長州の有名人も多く登場し、
とても興味深いものとなっています。
—–
文久三年癸亥
5月4日 雨。夜半支配所より歩兵第三小隊に編入し、
 来たる6日より赤間関に出張すべき云々の令達あり。
5月5日 夜雨が降り午前降り止む。夜また雨。
5月6日 夜雨が降る。早朝赤間関出張の歩兵第三番小隊、
 第四番小隊の各員が金谷天満宮の社前に集合し、
 四ッ時頃より三々五々群をなして発程す。
 明木驛より右折して雲雀山峠に達し休憩す。
 休憩中雨が止む。河原吉部等を経て四郎ヶ原驛に一泊。
 この日従兄の入江辰之助のいる第四第五小隊も同行なり。
 第一第二小隊は昨日萩城を発し今夜赤間関に到着のはず。
※歩兵第三小隊に配属された金子は、
 赤間関出張の命を受けて出発。
 四郎ヶ原驛は赤間関街道の宿場町で、
 吉田松陰も宿泊していますね(記事はこちら)。

5月7日 曇。早朝四郎ヶ原驛を発す。山中吉田
 埴生小月長府等を経て赤馬関の入口杉谷峠に達す。
 休憩中、先着の第一第二小隊が迎えに来る。
 初更の頃に新地へ達す。
 第三第四小隊の屯所は当地の劇場なり。
 その左側の桟棚第一号室に座を占め、
 河崎和太郎、教導井上宗次郎等と起居す。
 この日は杉谷で親族白石季輔永富小太郎等に遭遇。
 皆第一小隊の人員なり。
5月8日 雨。当地出張の武庫に至りゲベール小銃と、
 弾薬袋及び弾薬具等を受領す。
※赤間関に入った金子ら第三第四小隊は、
 役所のある新地の営所に入り、
 武庫で武器弾薬を支給されています。

5月9日 夜に雨。当地出張の兵数は詳しくはわからない。
 伝聞するところによれば、本藩の総奉行国司信濃及び、
 その家臣が若干名。
 八組頭益田豊前及び、その家臣が若干名。
 また先鋒隊約百名並びに歩兵八小隊(四小隊は御先手組
 四小隊は十七組)。野戦砲隊四小隊(粟屋組など)。
 また支藩長府藩清末藩等の兵若干あり。
 他に有志党約五六十名で久坂義助等が統轄し、
 専念寺及び光明寺に分屯しており、
 その本営は光明寺にあり人呼んで光明寺党と云う。
 また土州山内家因州池田家肥後細川家筑前黒田家
 筑後久留米柳川水戸徳川家等の藩士数十人が、
 攘夷の応援として来ている(以上の客兵はその藩主の命令
 には非すと云う)。
 また軍艦丙辰丸庚申丸癸亥丸が碇泊す。
 (丙辰丸は安政三年、庚申丸は万延元年に恵比須岬で製造。
 癸亥は今年武州様濱で外国人より購買。
 代価は金貨三万両なりと云う。該艦はプロシア製と聞く。
 また海岸砲塁は専念寺内及び亀山八幡社内、前田村に、
 杉谷(長府村)等)
※赤間関に集まった軍勢を金子が知る範囲で解説。
 国司信濃は後に禁門の変の責で自刃した三家老のひとり。
 益田豊前は三家老の益田右衛門介ではなくその分家。
 久坂ら光明寺党や諸藩の客士も紹介されており、
 注釈で藩主ノ命令ニハ非ズと記されています。
 軍艦の解説もされていますが、
 癸亥丸については間違っています(英国製)。

 午後雨に打たれて阿弥陀寺に至り小僧に案内される。
 ここに屏風があり、文治元年三月源氏の戦艦数百艘が、
 平氏を追い散らしたる所。また御裳川沖で二位尼が、
 安徳帝を抱き艦首から海に身を投げようとする所など、
 平家物語の絵図なり。
 小僧は鳥毛付の竹竿で絵図を示し当時の戦況を説明。
 その説明は平家物語だが読経するようで下手。
 更に小僧の案内で山腹の平知盛以下の墳墓を見る。
 七百年前のものとは思えなかった。
 金を若干与えて去り、安徳帝の陵を拝し、
 そこから御裳川を探してみるが河川は見つからず、
 仕方なく現地人を雇って御裳川に至る。
 現地人に案内された御裳川なるものは、
 山間より出る小川で昨日通った道を横断していて唖然。
 この帰りに壇ノ浦に至り新築の海岸砲台を見たが、
 工事は終わっていないようだった。
 2人の盲目人がゴザの上に座り太鞁を打っており、
 聞くところによれば官役の妊婦の他、
 当地近郊の人民有志達が各村町順番にて、
 梅雨が降る中で数百人来て工事に助勢しているという。
 打鞁の盲目人もその一人だという。
 梅雨が降る中で数百人の人夫が砂石を運搬している。
 聞くところによれば砲台の築造は昼夜問わずと云う。
 薄暮に営所に帰る。雨は強くなっていた。
※阿弥陀寺を観光。吉田松陰も見た源平の屏風を見学し、
 安徳帝の御陵や平家の墓に参拝。
 御裳川がどこなのかってのは下関あるあるです。
 現在は国道の下を流れているらしいですが、
 当時もよくわからない程度の小川だったんですね。


つづく。
①///////////////