奇兵隊」タグアーカイブ

防府市 勝坂砲台跡

三田尻幕府によって攻め落とされた場合、
萩往還を上って山口は目と鼻の先となります。
もちろん三田尻は軍港ですので、
何が何でも死守せねばならない拠点ですが、
それだけに狙われる可能性がありました。

そこで防府と山口の境に砲台を設置し、
進軍を食い止める為の勝坂砲台が建設されます。


防府市下右田周辺(勝坂砲台跡の場所)
三田尻から山口に侵攻する為には、
右田ヶ岳続きを読む

萩市 長寿寺(入江九一らの墓所)

松門四天王のひとり入江九一の墓所は長寿寺
他にも幕末の動乱で散った志士の墓があり、
少々マニアックな幕末ファンならば、
是非とも訪問するべき寺ではないでしょうか?


長寿寺本堂」。
長寿寺は「抜け寺」の愛称があり、
本堂と鐘楼の間を通り抜け、
寺の裏の道に抜けることができます。
長寿寺は大きな敷地を持っており、
裏側に行くには迂回する必要がありましたが、
長寿寺を抜ければ非常に近くなるので、… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 梅ノ坊砲台

平家一門と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇
この幼帝を祀るのが赤間神宮です。
赤間神宮は幕末まで阿弥陀寺という寺でしたが、
明治になって「天皇社」として神社となり、
明治8年に「赤間宮」、
15年に「赤間神宮」と変貌しました。


赤間神宮続きを読む

山口県山口市 福田侠平遺髪墓

奇兵隊軍監福田侠平は、
高杉晋作が最も信頼していた人物とされ、
又、自身も晋作に心酔していたようで、
晋作の隣に葬って欲しいと遺言しています。
奇兵隊の中でも比較的年長者であったためか、
冷静な人物だったようで、
血気盛んな隊士達からも大変慕われていました。

下関戦争長州内訌戦幕長戦争と歴戦し、
北越戦争では、不利な状況にも悠々とした態度で臨み、
平然と指揮を続けた為、部下も安心して戦えたようです。
大の酒豪で戦闘中も酒を携帯していたのですが、… 続きを読む

奇兵隊士 竹中安太郎

奇兵隊出身の軍人といえば、
軍監であった元帥陸軍大将の山縣有朋ですが、
中将として4人を輩出しています。
鳥尾小弥太三浦梧楼三好重臣滋野清彦
彼らは長州藩士で農民や町民出身ではなかったため、
明治2年の諸隊再編続きを読む