木下家」タグアーカイブ

岡山県岡山市 大光寺(足守藩木下家墓所)

豊臣秀吉の正室北政所の兄木下家定は、
関ヶ原の戦いで中立を保ち、
足守に2万5千石を与えられました。

家定の死後、幕府は遺領を長男と次男で分ける様に指示。
しかし長男木下勝俊が遺領を独占した為に、
次男木下利房がこれを不服として幕府に訴え、
勝俊は… 続きを読む

岡山県岡山市 足守陣屋跡

豊臣家は、大坂夏の陣豊臣秀頼が自刃して断絶しましたが、
豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の家系が江戸時代も続き、
幕府より豊臣姓を名乗る事が許されています。

豊臣政権下で家定と3人の息子は大名となっていましたが、
家定の三男木下延俊続きを読む

大分県日出町 松屋寺(日出藩主木下家墓所)

日出藩主木下家の菩提寺は「康徳山松屋寺」。


松屋寺山門」。
元々は西明寺という天台宗の寺院だった寺を、
初代藩主木下延俊が禅宗に改め、
祖母朝日の方の法名ちなんで「康徳山松屋寺」と改めます。
※朝日の方の法名は、康徳寺殿続きを読む

大分県日出町 日出城跡

日出藩は、豊臣秀吉の義兄木下家定の三男木下延俊が、
関ヶ原の戦いで終始東軍として活躍し、
その功績により3万石を与えられて立藩した藩。

2代藩主木下俊治が弟延由に5000石を分与した後、
江戸時代を通じて2万5000石で、
日出周辺を支配しました。

藩祖木下延俊は、正室加賀の方続きを読む