津和野藩」タグアーカイブ

山口県山口市 野坂御番所跡

江戸時代。領地と領地の境界には口留番所が設けられ、
領内を出入する人や物資の取締りが行われていました。

ご禁制の品を取り締まったり、通行税を徴収しましたが、
番所によってその厳しさは様々。
例えば仲の悪い藩同士であれば、
その取締りは厳しくもなるでしょうし、
反対に殆どスルーというものもありました。

所属する藩や村役人が発行する通行手形が必要ですが、
伊勢参りなどの寺社参拝続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 福羽美静先生誕生之地

岡熊臣旧宅にほど近い民家の庭先に、
明治天皇侍講を勤めた福羽美静の誕生地あります。


正二位勲一等子爵福羽美静先生誕生之地」碑。
民家の庭先なので詳しい地図は載せませんが、
googleMAPでも検索できます。
農作業をされている方に場所を伺うと、
あそこだよと親切に教えていただきました。

福羽美質が代官として赴任した山下村で生まれ、
幼少時に軽業師の真似をして転落した事故の影響で、… 続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 岡熊臣旧宅

津和野城下を流れる津和野川上流の山下村に、
藩校養老館の初代国学教授岡熊臣の旧宅があります。


電柱が無ければ江戸時代と同じであろう風景。
中央の建物が岡熊臣の旧宅。

岡は富長山八幡宮の神官… 続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 亀井家墓所

津和野藩主亀井家の墓所は、
城下北側の乙雄山中腹にあります。


永太院」。
亀井家の菩提寺永明寺の末寺で、
亀井家墓所はこの永太院の奥。
境内には樹齢百年以上とされるシダレザクラがあり、
春には見事な花を咲かせるそうです。


西家墓所」。… 続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 津和野城跡

津和野城は、津和野盆地にある霊亀山に築かれた山城で、
鎌倉時代に地頭吉見頼行三本松城として築城したもの。

以後、吉見氏14代の居城となり戦国時代には、
大内義長陶晴賢に攻められますが、
籠城戦の末にこれを防いでいます。
大内、陶の主力が三本松城に釘付けとなっている間に、
毛利元就は安芸国の掌握を進め、… 続きを読む