山口市」カテゴリーアーカイブ

山口県山口市 山口政事堂跡

江戸時代初期より長州藩の藩庁は指月城でしたが、
幕末に攘夷決行に備えて海に面した萩から、
内陸で領地の中心でもある山口に藩庁が移されました。

長州藩が萩を藩庁としたのは幕府の指示であり、
もちろん勝手に藩庁を移すことも、
領内に城を新たに造る事も許されません。
幕府への申告には、萩は下関二田尻続きを読む

山口県山口市 三文字屋跡

十朋亭維新館の隣に庭園のように整備された場所があり、
三文字屋跡の碑が建てられています。


三文字屋跡」。
三文字屋は和紙問屋。
長州の和紙は防長三白(四白)のひとつとして、
藩に奨励された産業のひとつです。
長州和紙は当時、全国シェア30%を誇っていたようで、
徳地和紙山代和紙は品質が良いことで知られており、… 続きを読む

山口県山口市 南園隊駐屯地跡

山口市街から国道9号線津和野方面に向かう阿東は、
日本におけるリンゴの最南端の特産地
青森長野など寒い地方で栽培される印象がありますが、
阿東は標高250~300mもあり、
冬の気温は-10℃にもなります。
そういう気候がリンゴ栽培に適しているらしく、
国道沿いにはリンゴの直売所などが立ち並び、… 続きを読む

山口県山口市 十朋亭維新館

長州藩山口に藩庁を移転したことにより、
役職のある藩士達も山口に転住するわけですが、
その宿泊所として選ばれた民家のひとつが十朋亭です。

十朋亭は山口で醤油商「亀屋」を営む萬代家の離れで、
藩庁移転後に最初に滞在したのは、
当時の執政周布政之助だったとされます。
その後、高杉晋作の推薦によって、… 続きを読む

山口県山口市 福田侠平遺髪墓

奇兵隊軍監福田侠平は、
高杉晋作が最も信頼していた人物とされ、
又、自身も晋作に心酔していたようで、
晋作の隣に葬って欲しいと遺言しています。
奇兵隊の中でも比較的年長者であったためか、
冷静な人物だったようで、
血気盛んな隊士達からも大変慕われていました。

下関戦争長州内訌戦幕長戦争と歴戦し、
北越戦争では、不利な状況にも悠々とした態度で臨み、
平然と指揮を続けた為、部下も安心して戦えたようです。
大の酒豪で戦闘中も酒を携帯していたのですが、… 続きを読む