宮崎県」カテゴリーアーカイブ

宮崎県日南市 飫肥藩校振徳堂

飫肥藩の藩校振徳堂は、
11代飫肥藩主伊東祐民が開いた学問所を、
天保2年に13代飫肥藩主伊東祐相が再建したもの。

校名は「孟子」の「又従而振徳之」に由来して名付けられ、
総裁兼教授として安井息軒の父安井滄洲が任じられ、… 続きを読む

宮崎県日南市 飫肥城跡

日向伊東家は、薩摩島津家と争いながら版図を広げ、
11代当主伊東義祐の頃には、
佐土原城を中心に48の支城を擁し、
日向国に君臨していました。

島津家とは覇権をめぐって一進一退の抗争を繰り広げ、
飫肥役と呼ばれる80年以上、9度にわたる争いを経て、
伊東家は日向国のほぼ全土を掌握し、最盛期を迎えます。

しかし、木崎原の戦いで大軍を誇る伊東勢は、
島津義弘続きを読む

宮崎県児湯郡高鍋町 高鍋城跡

宮城県に日帰りで出張。
片道4.5時間というのようなスケジュールですが、
急遽起こった不具合の調査なので仕方無い。
夜暗いうちから出て、昼に到着するといった感じになり、
その機械の不具合を調査してトンボ帰りです。
調査が思ってたより早く終わったので、
近くにあった高鍋城跡に行ってから帰りました。

高鍋城は高鍋藩の藩庁ですが、
平安時代より築かれていたという古い城で、
はじめ… 続きを読む

宮崎県延岡市 南洲翁寓居跡

4月14日。高杉晋作の命日に、
僕は宮崎県延岡市に出張してました。

仕事が終わって帰り道。
国道10号線沿いに西南戦争の史跡が点在してるようです。
一人なら有無を言わず寄ってみるのですが、
同僚と一緒なので素通り・・。
でも、こんなチャンスはめったに無いので、
一箇所だけ無理言って寄ってもらいました。

延岡市北川町にある「南洲翁寓居跡」という史跡です。
ここは、和田越えの激戦続きを読む