[東海地方]」カテゴリーアーカイブ

岐阜県海津市 今尾陣屋跡

お亀の方は、美濃斎藤家家臣竹腰正時に嫁ぎ、
竹腰正信を生みますが、すぐに正時と死別。
その後、石川光元の側室となり、
石川光忠を生みますが、お亀は離縁されています。
その後、徳川家康に見初められて側室となり、
家康の八男仙千代(6歳夭折)、
九男… 続きを読む

三重県津市 久居陣屋跡

久居藩津藩の支藩で、2代藩主藤堂高次の隠居により、
長男の藤堂高久に家督を譲る際、
次男の藤堂高通に5万石が分与され立藩された藩です。

久居藩は5万石規模の藩ながら、
領内の凶作や江戸藩邸の焼失が相次ぎ、
財政は破綻状態でした。
12代藩主藤堂高兌は、義倉積米制度を制定して、… 続きを読む

三重県津市 津城跡

戦国時代以前の「」は安濃津と呼ばれ、
伊勢国の経済の中心地であったようです。
鎌倉時代以降は、長野家が支配していましたが、
織田信長の伊勢侵攻によって織田家支配下となり、
安濃津城には織田信包が入りました。

信長が本能寺の変続きを読む

三重県亀山市 伊勢亀山城跡

伊勢亀山城は、古くからの関家の居城で、
戦国時代の当主関盛信織田信長に降り、
信長の三男神戸信孝の配下となります。
しかし信孝とソリが合わなかった為、
信長によって近江の日野城に移されましたが、
羽柴秀吉配下の樋口直房続きを読む

愛知県刈谷市 重原陣屋跡

明治に入って立藩した藩が、少なからずあります。
重原藩もそのひとつで、戊辰戦争に敗れた福島藩は、
三河国重原に移封されて重原藩を立藩しました。
もともと重原は福島藩の飛地で、
この移封は福島城からの退去が目的だったようです。


刈谷駅東側周辺(重原陣屋跡の場所)


浄福寺」の横に「重原陣屋跡」の石碑と、… 続きを読む