岩手県」カテゴリーアーカイブ

岩手県盛岡市 東禅寺(盛岡藩南部家墓所)

東禅寺盛岡藩南部家の墓所のひとつ。
南部家27代にして初代盛岡藩主南部利直の墓があり、
その他4人の藩主の墓所でもあります。


東禅寺」。
山号は大宝山
無盡妙什和尚開山の寺で13代南部守行が戦死した際、
妙什和尚が焼香師続きを読む

岩手県盛岡市 盛岡城跡

盛岡城盛岡藩南部宗家20万石の居城。
南部家は鎌倉時代の武将南部三郎光行を祖とする名門で、
宗家の三戸南部家は南北朝時代より陸奥で勢力を伸ばし、
室町戦国時代には陸奥北部最大の勢力となっていました。
天下の気勢が豊臣秀吉に傾き小田原征伐続きを読む

岩手県一関市 祥雲寺(一関藩主田村家墓所)

祥雲寺一関藩主田村家の菩提寺。
元々は岩沼藩時代に田村宗良が開創した大慈寺で、
一関に転封された際に、移転して名称も変更されました。


一関市街周辺(祥雲寺の場所)。


祥雲寺本堂」。
本堂は明治期に焼失し、再建されたものです。
寺名は初代藩主田村建顕の祖母… 続きを読む

岩手県一関市 一関陣屋跡

一関藩は、元々伊達正宗の十男伊達宗勝が、
仙台藩より3万石を分地されて大名になったのが始まり。

幕府との繋がりが強かった宗勝は、
放蕩三昧の仙台藩主伊達綱宗を強制隠居させ、
幼い仙台藩主伊達綱村の後見人として、
宗藩である仙台藩を牛耳っていましたが、
伊達騒動により重臣同志の刃傷事件にまで発展。
この責任で宗勝は処罰されて土佐預かりとなり、
一関藩は改易となっています。

その後、同じく仙台藩の支藩であった岩沼藩田村家が、
一関に領地替えとなり、再び一関藩が立藩しました。… 続きを読む