奇兵隊」タグアーカイブ

下関市豊浦町湯玉 庄屋石川邸跡

湯玉浦北浦にある漁村のひとつですが、
鯖釣山が浦を守るように聳えていた為、
良港として漁民のみでなく北前船も寄港し、
旅館なども設置されて栄えていました。
吉田松陰の「廻浦紀略」では、
戸は150戸で、近頃2百余戸になったと書かれ、
繁栄の様子が感じられます。


湯玉港」。
現在も小型の漁船が停泊する港町で、… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 赤間神宮

初詣で赤間神宮へ。
考えたら赤間神宮の単体の記事って無かったので、
今回記事にしてみました。

赤間神宮は阿弥陀寺という寺院が前身とされますが、
その創建には諸説があり、壇之浦の戦いの翌年とも、
6年後ともされています。
とにかく朝廷の命で安徳天皇の御堂が建立され、
安徳天皇の母建礼門院の乳母の娘がとなり開山。… 続きを読む

奇兵隊の吉田転陣

下関市吉田には、高杉晋作の墓所である東行庵があり、
また奇兵隊陣屋跡もあります。

結成以来各地に転陣していますが、
内訌戦で奇兵隊ら諸隊が勝利した後、
長州藩領の西端である吉田に本陣を移すことになりました。
これには大きくなりすぎて影響力を強める奇兵隊の発言力を、
弱める為であったとされます。… 続きを読む

カエルを食べたかった晋作

高杉晋作の好物といえば「」。
妻のや愛人のうのが、
鯛のあら煮長州鮨鯛の刺身鯛の塩煮など、
鯛に関するものを挙げていますので、
相当鯛が好きだったと想像できます。

自筆の日記や手紙などが多く残されている晋作ですが、… 続きを読む

島根県大田市 石見銀山

大森代官所界隈、武家屋敷界隈を過ぎ、
銀山方面に向かいます。


五百羅漢」。
大森代官所の同心であった中場定政が、
代官所の祈願寺である観世音寺へ参詣し、
そこの石像十六羅漢を拝んで、
五百躯の羅漢を安置したらさぞ壮観であろう
と住職… 続きを読む