福岡県」カテゴリーアーカイブ

福岡県北九州市 小倉宮本家墓所

手向山小倉藩家老宮本伊織貞次が拝領し、
山頂に養父宮本武蔵を偲んだ碑を建て、
代々の墓所とした場所でした。
※当時は田向山と呼ばれていたという。
山は後の明治20年に陸軍に接収。
下関要塞の砲台構築の為に、
山麓に墓地を移転しています。


「… 続きを読む

福岡県嘉麻市 千手宿跡

千手宿秋月街道の宿場町。
東側の山裾に千手寺という寺があり、
これが村名の由来となっています。


嘉麻市千手周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。

北側から散策。

千手宿跡(本町)」。
古い商家が何軒が残る宿場跡。
宿場時代の建物には小さな札が掛けられ、
〇〇や等と表示されています。


上庄屋大屋善右衛門家跡続きを読む

福岡県嘉麻市 大隈宿跡

大隈宿秋月街道の宿場町で、
小倉藩領との国境付近に位置しました。
江戸時代初期の福岡藩では、
国境付近の益富城後藤又兵衛基次や、
母里太兵衛友信等の豪傑に守らせており、
その警戒具合が伺えます。
大隅宿はその益富城の城下町でしたが、
益富城の廃城に伴い宿場町と変化し、… 続きを読む

福岡県田川市 猪膝宿跡

猪膝宿は天正8年(1580)頃、
中村国武という人物が開いたとされる宿場。
当時の香春大隈間には宿場がなく、
旅人が困っているのを見て、
猪膝に宿駅を開いたという。


田川市猪国周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


猪膝宿の図」。
南構口外にある中村公園の案内板。… 続きを読む

福岡県北九州市 神理教本院

神理教神道十三派の一派で、
復古神道系に分類される古神道
教祖佐野経彦が家伝の巫部神道を復興し、
明治13年に神道事務局より認可を受け、
神理教会として開設され、
明治17年に神理教に改称しています。


「… 続きを読む