福岡県」カテゴリーアーカイブ

福岡県築上郡 椎田宿跡

椎田宿中津街道の宿場町でしたが、
並びに築城郡の中心地でもあり、
小倉藩が築城郡を支配する郡屋を置き、
商業も盛んで賑わいを魅せていたという。


築上郡築上町椎田周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


椎田宿跡」。
ある程度の古い家屋が残っており、
往時の雰囲気を残しているようです。
文化7年(1810)には伊能忠敬も椎田を訪れ、… 続きを読む

福岡県豊前市 松江宿跡

松江宿中津街道の宿場町で、
読み方は「まつえ」ではなく「しょうえ」。
小倉藩領の宿場町であり、
人家150軒の多くは漁師や農民だったという。


豊前市四郎丸周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


松江宿跡」。
街道筋は民家が立ち並んでいるだけで、
見るべきところもないようです。

宿場の北方の台地は… 続きを読む

福岡県豊津市 八屋宿跡

八屋宿は宿場ながら寂れた場所だったようで、
江戸中期の名古屋商人菱屋平七の旅日記では、
町屋に商家もあれど屋並のさま、
 きたなげにて、宿屋・茶屋もなく、
 ただうどん屋一軒あるのみ
」と記され、
享和2年(1802)の八屋の寂れた様子が伺えます。
江戸後期となって宇島湊が築港され、
また求菩提山への修験者も集まるようになり、
急激に賑わいを魅せたようです。… 続きを読む

大分県中津市 自性寺/奥平昌猷墓所

参勤交代制度があった事や、
隠居後も江戸で生活を送っていた為、
中津藩の藩主の殆どは江戸で死去。
遺骸は品川区の清光院に葬られ、
国許に墓は建てられませんでしたが、
7代藩主奥平昌猷は唯一領内で死亡し、
中津で葬儀が行われて自性寺に葬られました。

自性寺は奥平藩歴代の菩提寺で臨済宗の寺院。… 続きを読む

大分県中津市 中津宿

中津宿中津街道の終点であり、
日田中津往還日向街道の始点。
また中津藩10万石のお膝元であり、
商人の出入りも多く賑やかであったという。


中津城下周辺。緑の線が中津街道、
青い線が日田中津往還で、
赤い線が日向街道。赤丸辺りが宿場です。


小倉口」。
中津城下外堀西南隅の入口で、
小倉続きを読む