会津藩」タグアーカイブ

栃木県宇都宮市 戊辰役戦士墓

戊辰戦争新政府軍に属した宇都宮藩は、
会津城下飯寺村の戦いで長岡藩家老山本帯刀を捕え、
薩摩藩軍監中村半次郎に引き渡しています。
山本は恭順を拒んで斬首されますが、
その死を悼んだ宇都宮藩兵によって弔われました。
また、六道口の戦いで戦死した会津藩兵続きを読む

日テレ年末時代劇スペシャル「白虎隊」

年末時代劇スペシャル最高の視聴率を誇る「白虎隊」。
59.4%だった昭和61年の紅白歌合戦の裏番組ながら、
17.2%という高視聴率を挙げた作品です。
当時よりすでに時代劇は古臭いものだと思われ、
中でも幕末モノは受けないとされていましたが、
その定説を見事に覆します。

内孝雄による主題歌「愛しき日々」も大ヒット。
堀内を、アリス続きを読む

長州毛利家と会津松平家は縁者であった

犬猿の仲とされる会津藩長州藩ですが、
別に長く因縁があるわけではなく、
八月十八日の政変禁門の変など、
幕末の一連の事件によって遺恨を残しただけです。
長州藩ははじめから反幕だったわけではなく、
むしろ幕府に忠誠を誓っていたり、
徳川家や… 続きを読む

美祢市 楢崎頼三屋敷跡

飯盛山で自刃した白虎隊の生き残り飯沼定吉
燃える城下を落城と勘違いして少年達は自刃し、
定吉も咽喉に脇差を突き立てたが死ねず、
それを会津藩士の妻が見つけて介抱し、
定吉は一命を取り留めます。
後に定吉は電信技士となって各地に赴任し、
電信電話の発展に貢献しました。

この飯沼定吉が会津戦争終結後、
敵であった長州藩士続きを読む

幕末会津史について

僕の先祖はよくわかりません。
祖父祖母が元気で生きている間に、
色々と聞いていれば良かったと悔やまれます。
なんでも父方は柳河藩の出で長崎に在住していた家で、
材木屋をやっていたとか。
末子の祖父は三菱の造船所に入ったため、
下関に住むようになったのですが、
宗家は原爆によって全滅してしまったとか。
父はあまり祖先について興味がなかったらしく、
祖父の話をそこまで真剣に聞いていなかったようで、
そんな事を言ってたなぁ・・程度の信憑性です。

母方は寺本生死之介の末裔だということですが、
直系でもないので家系図があるわけでもありませんし、
寺本生死之介自体の実在が疑問視されていますので、… 続きを読む