長崎県」カテゴリーアーカイブ

長崎県長崎市 グラバー園②

つづき。
/②

旧リンガー住宅のさらに南側へ進む。

旧オルト住宅」。
英国商人ウィリアム・ジョン・オルトの旧宅。
オルトは安政年間に長崎に来日したとされ、
大浦慶と共に九州一円から茶葉を買い集め、
海岸沿いの製茶所で製茶して米国に輸出しました。
オルトは明治3年に帰国しており、
この住宅は、隣のフレデリック・リンガー続きを読む

長崎県長崎市 グラバー園①

①/

鎖国体制であった江戸時代の日本でしたが、
完全に外国人を遮断していたわけではなく、
長崎のみが限定的に国際港として機能していました。

貿易国は欧米のオランダと、明朝清朝等の中華、
そして藩経由の李氏朝鮮続きを読む

長崎県長崎市 大浦天主堂

大浦天主堂は、元治2年建立の日本最古の教会。
正式名は日本二十六聖殉教者天主堂

文久2年。横浜滞在の仏人司祭フューレが長崎に赴任し、
司祭館と長崎滞在の外国人用の教会堂の建築を準備。
この年、慶長元年に殉教した日本二十六聖人が、
ローマ教皇ピオ9世により列聖されています。
文久3年にはプティジャン神父も着任し、… 続きを読む

長崎県島原市 旧島原藩薬園跡

島原藩4代藩主松平忠誠は、
シーボルトの高弟賀来佐一郎を招き、
藩医学校済衆館の敷地の畑に薬草を栽培させましたが、
手狭なうえに薬草の栽培には条件が良くなかったため、
弘化3年に飯島義角を薬園主任として、
眉山の麓に薬園を造らせました。

その後の拡張工事を経て完成したのが、… 続きを読む

長崎県島原市 龍馬上陸の地

元治元年2月。
四ヶ国連合艦隊下関を攻撃するということで、
外国側と交渉してこれを回避するべく、
幕府より調停役を命じられた勝海舟は、
総勢47名の大所帯で神戸から長崎に向かいます。
この一行に坂本龍馬ら勝の門弟も同行し、
龍馬は初めて長崎を訪れる事になりました。… 続きを読む