京都府」カテゴリーアーカイブ

京都府綾部市  隆興寺(綾部藩九鬼家墓所)

綾部藩九鬼家の菩提寺は隆興寺
初代九鬼隆季が綾部に入封した際に、
九鬼家の菩提寺として開基した臨済宗の寺院で、
藩政時代には藩主家の庇護を受け、
末寺を数ヶ所擁して隆盛を誇っていたという。


隆興寺」。
周辺の道が狭くて大変ですがもちろん車で行けます。
境内にはスペイン風邪の病没者を慰霊する石仏もあり、
今年の… 続きを読む

京都府綾部市 綾部陣屋跡

九鬼水軍を率いた九鬼嘉隆の死後、
家督は次男九鬼守隆が相続して鳥羽藩を立藩しますが、
その守隆の嫡男九鬼良隆は病弱の為に廃嫡させられ、
継嗣は守隆が溺愛する五男九鬼久隆となりました。
しかしこれに三男の九鬼隆季が反発し、
守隆の死後にお家騒動続きを読む

京都府綾部市 山家陣屋跡

山家藩初代谷衛友は天正10年に山家に封じられた際、
甲ヶ峰山頂に山城を築城しましたが、
江戸時代に入って山頂部を廃して山麓に陣屋を構え、
山家陣屋として山家藩の藩庁とし、
以後は江戸時代を通じて13代続きました。


表御門」。
山家陣屋跡は現在山家城址公園となっており、
公園内には梅や桜が植えられています。… 続きを読む

京都府綾部市 覚応寺(山家藩谷家墓所)

山家藩藩主谷家の大祖谷衛好斎藤道三に仕え、
斎藤家が滅びると織田信長に仕えました。
はじめ谷野を称して後に谷に改めていますが、
いつ頃改称したのかは正確な事はわかりません。
羽柴秀吉の与力となって三木合戦に参加しますが、
衛好は… 続きを読む

京都府舞鶴市 田辺城跡

田辺城細川幽斎によって築かれた平城で、
はじめ宮津城を本拠としていましたが、
隠居して子の細川忠興に家督を譲った際に、
隠居城として移りました。
また別の説として、宮津城から本拠を田辺城に移し、
隠居した際に田辺城を忠興に譲って、
幽斎は宮津城に入ったという正反対の説もあります。

徳川家康上杉家と戦う為に会津に向かった際、… 続きを読む