こんぴら詣」タグアーカイブ

長州赤間関 菊屋平七

丸亀にある金刀比羅宮の一の鳥居「中府の大鳥居」は、
全国の富豪らによって明治4年に寄進されたものですが、
その中に「長州赤間関 菊屋平七」が名を連ねています。

この菊屋平七とはどういう人物か?
富豪とはいえ商人に関する資料は少なく、
判った範囲はそれ程多くありませんが、
赤間関菊屋は… 続きを読む

秋田県由利本荘市 矢島陣屋跡

豊臣政権の三中老であった生駒親正は、
讃岐国17万2千石を与えられて、
東西に丸亀城高松城を築城しています。
親正は関ケ原の戦いで西軍に与しますが、
子の生駒一正が東軍で活躍した為に所領は安堵され、
高松藩として生駒家は4代続きました。

しかし4代生駒高俊続きを読む

香川県仲多度郡多度津町 多度津陣屋跡

丸亀藩2代京極高豊正室との間に男児3人を設けますが、
3人に共相次いで早逝してしまいます。
その後、側室との間に男児が生まれていますが、
その翌年に再び正室との間に待望の男児が誕生。
継子には正室との子である京極高或が選ばれますが、
高豊は別家の新設を幕府に届け出ました。

高豊は2年後に病没し、3代藩主に高或が就任しますが、
その際に正室の子京極高通に1万石の分知が認められ、
多度津続きを読む

琴平での高杉晋作

下関開港論を唱えた為に命を狙われた高杉晋作は、
琴平の侠客で勤皇家であった日柳燕石を頼る為、
丸亀から琴平を目指します。
しかし晋作は直接琴平へ入らず、
旅籠「藤の棚」に入り、燕石の方からが出向きました。


藤の棚 跡」碑。… 続きを読む