美祢市」カテゴリーアーカイブ

美祢市 八幡磨能峰宮(広岡浪秀の顕彰碑)

美祢市の中央部北側。
下領という場所にある八幡宮に、
池田屋事件で闘死した広岡波秀の碑があります。


美祢市大嶺町周辺(八幡磨能峰宮の場所)


八幡磨能峰宮」。
通称は下領八幡宮
社伝によると創建は孝霊天皇の時代とされ、
本当ならば紀元前200年代という事になります。
当初は天照大神、… 続きを読む

美祢市 四郎ヶ原宿

萩と下関を結ぶ赤間関街道
北浦道筋北道筋中道筋という3つのルートがあり、
中でも最も距離が短いが中道筋です。


赤間関街道と四郎ヶ原の場所

その中間地点が四郎ヶ原
なんらかの曰くがありそうな名称ですが、
その由来は
四郎という者が住んでいた平原」だからという。
四郎という人物が何か成したわけでもなく、… 続きを読む

美祢市 楢崎頼三屋敷跡

飯盛山で自刃した白虎隊士中二番隊唯一の生き残り飯沼定吉
燃える城下を鶴ヶ城が落城したと思い、少年達は次々と自刃、
定吉も咽喉に脇差を突き立てたが死にきれすにいた。
それを会津藩士の妻が見つけ介抱し、一命を取り留めます。
その後は電信技士となって各地に赴任し、
電信電話の発展に貢献しました。

この飯沼定吉が、会津戦争終結後に長州藩士続きを読む

美祢市 来嶋又兵衛関連史跡

美祢市の南端の厚保町は、栗の産地として有名で、
栗の木に適した土壌を持ち、江戸時代後期より栽培されていました。
大きくて甘いその栗は、厚保栗として現在も盛んに作られています。

その厚保に来島又兵衛関連の史跡があります。
来島又兵衛は、厚狭郡の無給通士喜多村政倫の次男として誕生。
山陽小野田市の厳島神社に誕生地碑があります(記事はこちら)。… 続きを読む

美祢市 大田絵堂(呑水峠、赤村の戦い)

///④

萩政府軍は荻野隊を先頭に、約500名で長登口より攻撃。
守備していた膺懲隊八幡隊は、太平堤の土手を盾に防戦。
約5倍の兵力差で諸隊勢は劣勢となっていました。


「… 続きを読む