河上彦斎」タグアーカイブ

京都府京都市 佐久間象山 大村益次郎遭難地

長州藩邸東側の高瀬川の西岸に、
佐久間象山大村益次郎の遭難地があります。
彼ら2人には直接の接点が無いのですが、
何の因果か時を経て二人はこの付近で襲撃され、
非凡な才能を散らすことになりました。


木屋町通りより見る高瀬川向いの2つの碑。
佐久間象山は元治元年7月11日、
木屋町通りの路上で。
大村益次郎は明治2年9月4日、
この向いの長州藩控屋敷で襲撃されました。


「… 続きを読む

防府市 大楽源太郎墓所

大道から秋保に向かう県道25号線に平行に走る小道に、
大楽源太郎の墓所への入り口があります。


大楽源太郎先生墓所入口」。
これ行けるの?というけもの道のような入口。
奥もずっとけもの道のようになっていますが、
迷わずにたどり着けます。


少し行くと3つの墓石が並ぶ場所が現れますが、
そのひとつが大楽源太郎の墓。… 続きを読む

「神剣 人斬り彦斎」葉室麟

久々に幕末モノの小説を読んだ。
神剣 人斬り彦斎」は河上彦斎を主人公にした小説で、
作者は直木賞作家葉室麟
すでに故人のようで僕は初めて彼の作品を読みました。
50歳から創作活動をスタートしたらしく、
66歳で死去するまでの16年弱の間に、
60作以上の作品を書いています。

河上彦斎は人斬りです。
とりあえず佐久間象山以外は記録に残っていませんが、
逸話の多さや当時の評価から象山だけとは思えませんので、
たぶん何人も斬っているのでしょう。… 続きを読む

熊本県熊本市 桜山神社

桜山神社といえば、
下関の僕からすれば奇兵隊を祀る神社ですが、
熊本県にも別の桜山神社があります。

熊本にある桜山神社は、
神風連の乱の殉難者124名(+1匹)と、
肥後勤皇党の殉難者が合祀された神社。
明治18年、肥後勤王党と敬神党の遺族が、
誠忠之碑」「百二十三士之碑」を建立し、… 続きを読む