兵庫県」カテゴリーアーカイブ

兵庫県明石市 松平康直墓所

戸田松平家三河戸田氏の宗家で、
当主である戸田康長が松平姓を与えられ、
松平康長を名乗った事により始まり、
信州松本藩から播州明石藩、濃州加納藩
雍州淀藩、志州鳥羽藩続きを読む

兵庫県明石市 長寿院/明石藩松平家墓所

明石藩松平家越前松平家の支流で、
結城秀康の六男松平直良を祖とします。
長兄松平忠直が乱心の為強制隠居となり、
宗家の家督は次兄松平忠昌が継ぎますが、
その際に越前国は細かく分割。
直良も… 続きを読む

兵庫県明石市 大蔵谷宿跡

大蔵谷宿西国街道の7番目の宿場で、
京都側からは明石城の手前に位置し、
旅籠が約60軒もあったという。


明石城南東周辺。緑の線が街道筋で、
青でぼかした辺りが大蔵谷宿跡。

東側から散策。

大蔵谷宿跡」。
街道沿いの家々は更新されており、
面影は少なくなってはいますが、
当時の家屋をリフォームしたと思われる家も、
いくつか点在しています。… 続きを読む

兵庫県姫路市 景福寺/松下鐵馬墓所

景福寺山にある尊攘志士松下鐵馬の墓。


松下鐵馬高光之墓(左)」、
松下よね之墓(右)」。
松下鐵馬は姫路藩尊攘志士で、
剣技や砲術に優れた人物だったという。
江戸京都尊皇攘夷運動を展開し、… 続きを読む

兵庫県姫路市 景福寺/永田伴正墓所

景福寺山にある永田伴正の墓。


従五位永田伴正君
 同夫人伊尾子  墓
」。
姫路藩尊攘志士永田伴正は、
藩内尊攘派首魁河合惣兵衛らと行動。
文久3年に児島又右衛門殺害に関与し、
家名断絶続きを読む