英国公使館焼討事件」タグアーカイブ

東京都品川区 品川宿跡

品川宿東海道の第一宿です。
江戸を出発して品川宿に宿泊するなんて、
殆ど居ないでしょうから、
入ってくる方がメインだったと思われます。
ですが、品川宿が賑わったのは、
江戸に入る前の最後の宿泊地としてではなく、
単純に「岡場所」のひとつとして、
江戸在住の人々に利用されていたからでした。
宿場である品川宿は、飯盛女が置かれる事が許され、
本来は旅人の為にあるはずが、
江戸の男達の遊び場となっていた様です。


品川宿「… 続きを読む

美祢市 大田絵堂(呑水峠、赤村の戦い)

///④

萩政府軍は荻野隊を先頭に、約500名で長登口より攻撃。
守備していた膺懲隊八幡隊は、太平堤の土手を盾に防戦。
約5倍の兵力差で諸隊勢は劣勢となっていました。


「… 続きを読む

「十三人の修羅」古川薫


古川薫にハマっております。
文脈が自分に合ってるのかスラスラ読めてしまいます。
何より長州モノばかり書いているので、非常にそそられます。
しかもなかなか渋い題材のものが多いのがとてもいいですね。

今回読んだのは、「十三人の修羅」。
この作品は英国公使館焼き討ち事件に参加した志士が、
紆余曲折の末、仏師になるというお話。

この小説の主人公は、実在の人物ではない(と思う・・)のですが、
ホントにいるのかと思ってしまいました。

前半は高杉晋作ら長州の尊攘志士と共に、
異人の暗殺や公使館の焼き討ちなどを計画し、
桂小五郎の認められその下で働き、
禁門の変、下関戦争、功山寺挙兵を経て、… 続きを読む

幕末太陽傳

以前から気になっていました「幕末太陽傳」。
なんでも日本映画史上最高傑作の一つらしいし、
石原裕次郎高杉晋作を演じてるらしい・・・。
しかし古い映画で、レンタル屋でもなかなかお目にかかりませんでした。
ところが最近出来たレンタル屋にありましたので、借りてみました。

某頭、現代の(とは言っても昭和32年当時の現代)品川の風景と共に、
品川の歴史をナレーション。
赤線とか16軒の特飲街とか今ではありえないような説明がいいですね。
お大尽を装って品川の遊郭旅籠相模屋で豪遊した佐平次(フランキー堺)が、
居残りと称して相模屋に長居を決め込み、… 続きを読む