北前船」タグアーカイブ

福井県坂井市 三国湊

三国湊九頭竜川河口にある港町で、
古来より発達していたようです。
中世には荘園の年貢積出港であった他、
三津七湊のひとつとして日本海交易の拠点として栄え、
近世には北前船の寄港地ともされました。


三国湊(九頭竜川河口)」。
現在は西岸の福井臨海工業地帯と共に、
福井港続きを読む

香川県仲多度郡多度津町 多度津陣屋跡

丸亀藩2代京極高豊正室との間に、
男児3人を設けますが相次いで早逝します。
その後側室との間に男児が生まれていますが、
翌年に再び正室との間に待望の男児が誕生。
継嗣には正室の子京極高或が選ばれますが、
高豊は側室の子京極高通の為に、
別家を新設を幕府に申請しました。

高豊は2年後に病没し高或が跡をつぎますが、
高通続きを読む

青森県西津軽郡 鯵ヶ沢町奉行所跡

弘前藩の海の玄関として栄えたのが鯵ヶ沢湊
廻米を舟に乗せて弘前から岩木川を下り十三湖へ、
十三湖から海へ出て鯵ヶ沢湊まで運びます。

また北前船の寄港地としても機能し、
日用品の荷揚げも行われ、大変な賑わいだったようです。


鯵ヶ沢町奉行所跡」。
青森湊と共に津軽の両浜続きを読む

青森県上北郡野辺地町 常夜燈と春陽丸の野辺地砲撃

野辺地戦争の13日前の明治元年9月10日。
戊辰戦争の終盤を迎えた頃になっても、
なんら戦火の被害を受けていなかった野辺地に、
突如久保田藩所属の軍艦「春陽丸」が、
海上から砲撃を仕掛けてきました。

春陽丸は佐賀藩士中牟田倉之助が指揮し、
秋田から北上して陸奥湾に入って野辺地を砲撃。… 続きを読む