西郷どん21

第21回「別れの唄」。
西郷と愛加那の間に男の子が生まれます。
菊太郎という名を付けようという西郷に、
龍佐民の「菊太郎」ではなく、
菊次郎」という名にするべきだという意見から、
生まれた子の名前は「菊次郎」となります。

鹿児島では、大久保が異例の出世を遂げ、
名を「大久保一蔵」と改める。
近々京都に兵を挙げ、西郷も連れ戻されるという。

そして、西郷が頼んでいた砂糖車鉄の車輪が運ばれ、
同時に大久保も奄美大島にやってきました。
車輪・・めっちゃ重そうですね。
歯車ちゃんと合うんでしょうか?
というか鉄製にして重量で他の部品が潰れないかな?

大久保は西郷に薩摩に戻れというが、
西郷はこの島に残るという。
薩摩には金があると思っていたが、
実はこの島から搾り取っていたのだと知り、
でも、砂糖は全部取られるが、
海には魚がいるし、山には猪がいる。
島の者は優しいし、ここは自分にとって天国だという。
あれ?地獄みたいな暮らしだったんじゃなかったっけ?

さっき心配していた鉄の車輪は、
上手に砂糖車にハマってました。
でも鉄製だから海辺で使ってると、
簡単に錆びてしまうでしょうね。
大久保は何度も待ってると念を押し帰ります。

愛加那は西郷が帰ってしまうのではないかと思い悩むが、
西郷が島に残りたいという書状を書いているのを見て、
薩摩に帰れと告げて家から出ていきます。
しばらく帰って来ませんでした」というナレーションに、
ええ?っと思いましたが、佐民の家に居るようです。

西郷は愛加那を見つけ「話がある・・」と告げますが、
愛加那は「わかった。薩摩に帰るんだね」と先に言うと、
西郷は一呼吸置いて「じゃっどん。必ず戻ってくる」という。
あれれ?いつ帰るつもりになってたの?初めから?
西郷の葛藤のシーンが無いから、
ただ言いづらかっただけに感じますね。
優しいだけの男は、時に女を不幸にします。

で、西郷が島から出て行くシーン。
奄美大島に古くから伝わる旅立つ人を送る歌の大合唱。
愛加那の悲しい気持ちに追い打ちを掛けます・・・・。

今回の西郷はただの優柔不断男にしか見えませんね。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。