西郷どん27

第27回「禁門の変」。
一橋慶喜の宿舎を出た西郷は、ある乞食に出会う。
それが桂小五郎だったわけですが、扮するは玉山鉄二です。
大河では「八重の桜」の山川大蔵以来ですね。
この人はコミカルな役シリアスな役も出来ますが、
やはりダイハツウェイクのCMでの「あんちゃん」が強烈。
あのあんちゃんがこんな渋い演技もこなすとは思えませんよね。
今回は桂役ですが、高杉晋作をやってくれても良かったなぁ。
(出るかわかんないけど・・)

西郷の宿舎に現れた桂は、慶喜に会わせろと言う。
西郷は平岡円四郎を殺したのは長州では無いのかと尋ねると、
桂は嫌疑は土佐肥後、そして薩摩の人斬り半次郎にもあり、
長州では無いと言い切る。

人斬り半次郎こと中村半次郎(桐野利秋)役は大野拓朗
花燃ゆ」では野村靖を演じていました。
この人はNHKのドラマによく出てますね。
半次郎は平岡を殺したのではないかと疑われています。

西郷は桂を慶喜に会わせるように仕向け、宴会で2人は対面。
慶喜は簡単に桂の願いを受け入れます。
すげえなこの展開・・・。

が、それから1か月後、新撰組古高俊太郎を捕える。
長州が御所に火を放ち天皇を連れ去ろうとしている事が判明し、
慶喜は長州志士の潜伏先を襲撃する事を松平容保に命じる。
容保の命を受けた新撰組は池田屋を襲撃します。、
これじゃあ池田屋事件は慶喜が起こした事になりますが・・・。

池田屋事件は新撰組ファンには残念な感じで終了。
これを受けて長州藩は軍勢を京へ進めます。

西郷は慶喜の許を訪れる。
平岡殺害の下手人が水戸の者であったと聞かされ、
慶喜は誰が味方で誰が敵かわからぬと叫ぶ。

禁門の変が始まり、薩摩藩は乾門の守護を担当。
来島又兵衛役は長州力
格闘ではめちゃめちゃ強そうなのですが、
やはり歳のせいかなんだか鈍い感じがしますね。

西郷は来島一人を狙う事を命じ、来島を打ち取ります。
そして西郷は長州兵に投降を即し、
長州兵は刀を落としてうなだれる。
が、そこへ会津兵が現れて長州兵に追撃を掛ける。
ありゃりゃ?これじゃ会津兵は悪者に見えちゃいますね。
てか慶喜の私兵のような扱い。会津の人達は怒らないのかな??

なんだか気になっていたのですが、
このドラマでは慶喜の奇行によって、
幕末の動乱が起こされた様にするようです。
西郷VS慶喜の図式への複線なのでしょう。
結構史実とは違いますが、ドラマとしてはまあ面白いかな?
最近の大河ドラマでは酷い扱いを受け続けていた長州藩ですが、
(その酷い扱いは「花燃ゆ」も含みます(笑))
今回はそこまで酷い扱いではないようです。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。