西郷どん28

第28回「勝と龍馬」。
禁門の変は大勝利に終わりますが、
京都の残状をみて西郷は悲しみに沈む。

西郷は一橋慶喜の屋敷に赴くが、慶喜は勝海舟と面談中。
慶喜は勝の言動に怒り、勝を追い返す。
西郷は勝を説得せよと慶喜に命じられるう。
勝は帰り際に西郷に会い「せごどん」と親しげに話す。
タイトルのわりに誰も「せごどん」と呼ばなかったのですが、
最初に「せごどん」と言ったのが勝とは・・・。

西郷は大坂に勝に会いに行きますが、生憎勝は不在。
そこで坂本龍馬に会います。
龍馬は西郷をニセモノとして追い返そうとしますが、
そこへ勝が帰って来ます。
勝は長州征伐に手を貸すつもりは無い。
それよりもすることがあるだろうという。
勝は「幕府なんか見限るこった」と言い、
西郷は衝撃を受ける。

慶喜に許に帰った西郷は、
長州征伐の采配を振えと命じられます。
長州征伐の総大将は徳川慶勝
相当ダメダメな感じで描かれていますねぇ。

西郷は岩国に単身で乗り込み、吉川経幹と面談。
幕府への恭順の条件を渡す。
西郷は捕虜を帰すのですが、そこへ小松帯刀が現れる。
・・単身じゃなかったの??

長州は条件を飲み、戦は回避されますが、
慶喜の許へ帰った西郷は、慶喜に罵倒される。
西郷は慶喜と縁を切って去っていく。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。