西郷どん47

第47回「敬天愛人」。
いよいよ最終回。
西郷は菊次郎熊吉延岡に残し、鹿児島へ向かう。
延岡の病院は接収され、糸らは西郷の行先を尋問されます。
そこへ従道が現れて糸らと再会。
従道は西郷が鹿児島に戻ったのだと直感しました。

道なき道を進んで鹿児島に戻ってきた西郷軍。
城山にこもって戦い続けます。

一方、大久保は内国勧業博覧会を成功させるために精力を注ぐ。

糸らは従道に連れられて鹿児島に戻ります。
市来宗介が西郷と共に戦っていることを聞いた西郷の妹は、
戦争を終わらせて欲しいと従道に嘆願しますが、
従道は自分には戦争を終わらすことはできないと断りました。
これに琴は逆上し「二度とこの家の敷居は跨がさん。
二度と鹿児島には帰ってくるな
」と怒鳴ります。
実際の従道は、陸軍卿代理として東京で留守を守っており、
西南戦争には参加しておりません。
戦後、従道は鹿児島に帰る事無かったようです。

城山にこもる西郷軍。
しんみりとした中、村田新八アコーディオンを奏でる。
西郷は村田もう少しぎやかな曲を所望し、
それに答えて曲(よく知る曲ですが曲名を知りません)を奏で、
皆が踊りだす。
このシーンはどのドラマでも好きですね。
西郷軍に村田がいたおかげで、とても絵になったと思います。
そういえば民謡「雨は降る降る 人馬は濡れる・・」のモデルで、
村田の長男村田岩熊も出てきませんでしたね。

政府軍本営では、総攻撃をするべきか否かで議論され、
山縣有朋は「西郷の好意に預からんかった者はおるか?」と悩む。
川路利良は、使者を出して降伏をさせるよう提案。
条件は西郷以下幹部の自裁とし、名誉ある死を与えようとする。
そこへ大久保からの電文が届きます。

政府軍から届けられた大久保の電文を読んだ西郷は、
電文の内容を皆に伝えます。
明朝4時に総攻撃を開始するが、
本日夕刻5時までに降伏すれば西郷の命助けるというもの。
桐野利秋は受けてくれと言い、皆もそれに賛同。
しかし西郷は死なせてくれと答えます。
う~ん。やっぱりなんかこの桐野性格違うよなぁ。
かっこいいんだけどね。

博覧会の途中で、総攻撃開始の報告が入り大久保は愕然。
しかし演説を要求された為、動揺する中で演説を行います。
演説中に「鹿児島縣」の張り紙を見て演説を途中で中断。
走り去ります。どこへ行く??

明日の朝、総攻撃が開始されるという状況の中、
西郷軍は和やかな雰囲気。
村田の外套の裏には西洋女性の写真が・・誰だ?

いよいよ総攻撃。
戦場には赤い彼岸花があちらこちらに。
にくい演出ですが、
鹿児島の9月24日頃は彼岸花が咲いてるのでしょうか?
桂久武は弓で政府兵を射るも射殺され、
桐野は山路に狙撃され絶命。村田は自刃します。

西郷は腹を討たれ倒れる。
え?別府晋介は?首は誰も刎ねないの?

銃撃が止み糸は「おやっとさあ」と頭を下げる。
そこへが帰って来ます。延岡で放した犬かな?

ここからは漫画のような登場人物達のシーン導入。
・大久保は号泣。
慶喜はなんで俺みたいに逃げなかったのかと呟く。
・庶民は急接近した火星を西郷星と崇め、
 は「西郷どん。星になっちまったな」と呟きます。
 結局「せごどん」って言ってたの勝だけじゃない??
愛加那は星を眺め、島歌を歌う。
・菊次郎は義足を付けて歩けるようになります。
・糸は家族を集め、西郷の生前の訓示を伝える。

東京では岩倉具視と大久保が談笑。
団十郎が西郷演じて大当たりしているらしいから見に行くか?
という岩倉に大久保は「いずれ」と言い残して去りますが、
その道中に暴漢に襲われて大久保は殺されます。
いわゆる「紀尾井坂の変」ですが、
終盤に出てきた川路が、事前に暗殺計画を耳にしており、
その対応を怠ったため事件が発生したとされています。
川路にスポット当てたのならば、
この件も描いても良かったかもね。

最後にオープニングテーマが流れ、
その後、誰もいない戦場で一人匍匐する西郷。
もうここらでよか」と絶命します。

西郷の最後は色々とツッコミ入れたいなぁ。
やっぱ西郷が死んだ後で、幹部らには死んでもらいたいし、
総大将の西郷の行方を確認していない状態で、
政府軍が全くいないのもありえない。
演出で色々変えるのはいいとしても、
常識としてありえないのはナンセンスですね。
ただ、楽しそうに戦場を駆ける西郷ってもの面白かった。
先週に比べるとそこまで悪くない出来でしたね。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。