西郷どん38

第38回「傷だらけの維新」。
え?え?上野戦争始まってる?
あれ?知らずに1話見逃したのか?
・・と勘違いするような始まり方。
なんだあの変な端折り方、上野戦争それで終わり??
大村益次郎海江田信義の確執は?
西郷も関わってるし、スルーはないんじゃない?

しかもこの大村は、会津庄内長岡は戦上手で、
このままでは負けると言っています。
で、西郷に薩摩藩の精兵を出せという。
こいつほんとに天才軍略家か?上野戦争も端折ってるんで、
大村はただ兵が足りないとぼやく人になってしまってます。
会津、庄内はいいとして、この時点で長岡藩を危険視するとは。
ある意味天才なのか?

で、西郷は援軍の編成のため薩摩に戻ります。
西郷家での一家団欒の後、
島津久光に面会し出兵の許可を得ます。
弟の吉二郎信吾は木刀で試合しますが、
あれほどヘボかった信吾は、吉二郎を打ち負かす。
吉二郎は相当弱いな・・・。

妹のは西郷家の皆が苦労していると西郷に直訴。
や吉二郎の事も労わってあげて欲しいと怒鳴り、
西郷は琴の言うとおりだと、
吉二郎の欲しいもの言うてみろと言うと、
吉二郎は何もいらないから戦に連れて行けという。

吉二郎ら弟らは一足先に越後へ向かう。
数日後、村田新八が現れ、長岡藩のガトリング砲が強力だから、
西郷に出張ってくれという。
村田と共に越後へ向かった西郷の元に、援軍依頼が殺到。
軍議の最中に信吾が現れ、吉二郎が撃たれたと知らせ、
西郷にすぐに来てくれという。
しかし西郷は兵の命はみな同じであるから、
弟だから特別扱いはできんと軍議を再開する。

で、北越戦争終結。
西郷は野戦病院に出向き、兵たちを慰問。
吉二郎はすでに虫の息。
侍働きが出来てうれしかったと告げて息を引き取りました。

・・で、戊辰戦争は終了。
まあひどい出来ですね。なんじゃこりゃ?って感じ。
これならいっその事、
戊辰戦争はナレーションだけの方が良かったと思う。

その後、明治政府がスタート。
西郷は大久保に薩摩に帰らせてくれと言う。
大久保は止めますが、西郷の意思は固く大久保の元を去る。

鹿児島に帰った西郷は吉二郎の戦死を報告。
糸は吉二郎のへそくりと家計簿を西郷に見せ、
西郷と西郷家は感傷にふけり、西郷は髷を切り落とします。

次回より最終章のようです。
今回は相当ひどい出来でしたが、
幕末編のツケがすべてこの回に集約されたって感じかな。
来週からどうなることやら。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。