西郷どん3

第3回「子どもは国の宝」。
西郷熊吉は火縄銃でイノシシを獲って、
病気の祖父龍右衛門に精を付けてもらおうとしますが、
帰ってくると三男の信吾が腹痛でうなされています。

これにイノシシを売って医者代を稼ごうとしますが、
父の吉兵衛に恥だと止められる。
吉兵衛は借金すると大見得を切り、
それなら西郷は家を売ると大喧嘩。
隣から大久保正助次右衛門がやってきて仲裁します。
信吾の腹痛はほったらかし・・・。

次の日、吉兵衛は赤山靭負に借金の事を話し、
金を貸してくれそうな商人を紹介してもらいます。

吉兵衛は西郷を連れて商人宅を訪れ、借金を申し入れましたが、
吉兵衛の不遜な態度に断られそうになりますが、
西郷の土下座で借りることに成功しました。
また土下座しちゃいましたね・・・。
つられて吉兵衛まで・・・吉兵衛は恥が嫌だったんでは?

大金を借りることに成功した二人が帰っていると、
イモを盗んだと追いかけられて暴行をうける子供を見つけ、
西郷はそれを止めます。
その子が中村半次郎のようで、捕まえようとする農民に対して、
木刀で応戦してあっという間に全員倒してしまう。
西郷はその太刀さばきに感動しますが、
半次郎はそのまま逃げ去ります。
こんだけ強いなら初めから倒せばよかったじゃん。

吉兵衛は借りた金で米を買って皆に振る舞います。
金の貯まらない人間の典型のようですね。
白米を食べる熊吉の感動っぷりを見た西郷は、
熊吉の実家にも米を分けてやろうと提案。
西郷と熊吉は、熊吉の実家に米を運びます。
2俵も分けてやるとは大盤振る舞いなことですね。
俵には製米済みの米が入っていましたが、
これではすぐに虫にやられてしまいそうです・・・。

その日は熊吉の実家に泊まり、
朝方外に出ると夜逃げ家族に出くわします。
その家族の中に昨日出会った半次郎がおり、
見逃してくれと嘆願する家族に、
西郷はなんとかすると約束して説得。
荷車を貸して家まで送ります。
この件が知れて免職になりかけますが、
赤山が登場して事なきを得る。

この家族の事を西郷と大久保は赤山に相談。
貧しさから解放されなければ武士がいなくなると訴えます。
赤山は島津斉彬がもうすぐ藩主になるから大丈夫と答え、
西郷と大久保は胸を高鳴らせました。
なにが大丈夫なんだろう・・・。

斉彬は現藩主島津斉興の追い落としを図るため、
老中筆頭阿部正弘に、密貿易偽の琉球出兵の証拠を提出。
阿部は快諾して調所広郷を呼び出し問い詰めますが、
調所は全て自分がやった事で藩主に責任は無いと言う。
その夜、調所は毒を飲んで自殺してしまいます。
調所が持っていたは何の意味があったんでしょう??
密告の件は本当の事ですが、斉彬自ら密告はありえません。
自分が藩主になりたいからって、お家の秘事を密告するのは、
はっきり言って下衆の所業でしょう。
しかもこの件は、藩主の失脚だけでは普通は済みませんよね。
下手するとお取り潰し、大幅な厳封は免れない事件。
こんな人が藩主になったら、もっと貧しくなってしまいます。

斉興は激怒。そりゃそうだ。
側室のお由羅も煽って「お由羅騒動」が勃発。
斉彬派の藩士が大量に処罰されてしまいます。

西郷家で郷士達が集まり、騒動の事を相談しているところに、
悲壮な顔の吉兵衛が帰ってきます。
吉兵衛は赤山に切腹の沙汰が下ったと話しました。

前2回の西田敏行の最後のナレーションは、
気張れ!」で締めていましたが、今回は普通でした。
全回通して「気張れ!」で通すのかと思っていたのですが、
どうも違うようですね。

//3///////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。