西郷どん4

第4回「新しき藩主」。
未だ「西郷どん」の明るいオープニングに慣れません。
今までと違う脱CG映像は良しとして、
あの明るいマーチに違和感があります。
特に前回は赤山靭負の切腹の沙汰という場面で終わり、
どうなるのかとハラハラするべきところが、
あの明るいオープニングで拍子抜けしてしまいます。
あと何話観たら慣れてくるのでしょうか??

さて、このドラマでは赤山靭負は西郷達の師という設定。
長州の吉田松陰とその塾生達のようです。
実際にはそんな子弟関係があった記録もないようですし、
常識的に考えてもあり得ないでしょう。
しかし、西郷の父吉兵衛介錯と務めたのは事実らしく、
形見として血染めの肌着を貰い受け、
その最後の様子を西郷に伝えたとされています。

西郷らは島津久光に赤山の切腹の取消を願い出ますが、
久光は自分には何も出来んととりあいません。
このシーンって必要?と疑問になりながらも、
後に敵になるであろう久光に対して、
なんだか憎めないキャラだなと思うのは僕だけでしょうか?

吉兵衛が介錯の練習をしているシーンがありましたが、
これを入れるのは良かったですね。悲壮感が伝わってきます。

赤山の死後も弾圧は続き、大久保次右衛門も島流しとなり、
子の正助も罷免されて謹慎処分。
この状況に西郷は、島津斉彬に書状を書いて訴えるのですが、
なんと赤山の血染めの肌着まで添えて送ります。
形見なのに・・・大事にしなさい!

老中阿部正弘は、島津斉興に将軍の茶器を渡して隠居を勧告。
本来はこれで隠居せざるを得ないのですが、
斉彬は斉興のもとにやってきて、いきなりディスります。
さんざん怒らせてから藩主を代われと告げますが、
斉興の答えはNO。そりゃそうですわ。
挙句、拳銃を取り出してロシアンルーレットを迫り、
斉興は渋々藩主の座を明け渡すことになります。

ロシアンルーレットって・・・。一か八かですよ・・・・。
こんな人に藩主を任せたらだめでしょう。

立ち去る斉彬に、お由羅は拳銃の引き金を引きますが、
この弾は発射されます。
斉興の番に弾が入っていたようですね。
しかし、初めて見たはずであろう拳銃を、
いとも簡単に使いこなすとは、さずがはお由羅様。

まあ、そんなこんなで斉彬は藩主になったようです。
斉彬の藩主就任には、阿部正弘の他、福岡藩主黒田長溥や、
八戸藩主南部信順も関わっていたのですが、
残念ながら触れられませんでしたね。

斉興役の加賀丈史は相当流暢に薩摩弁を使っていますが、
江戸育ちの斉興に薩摩弁を話させる必要があったのか?
斉彬が標準語を使っているのにね。
後の展開を考慮すると、斉興と斉彬は標準語、
鹿児島生まれの久光のみ薩摩弁ってのが理想なんですけど。

また、最後のナレーションの「気張れ!」は復活してました。
前回のような下げ終わりパターンの場合は無しで、
今回のような上げ終わりパターンでは使うということなのでしょう。

///4//////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。