西郷どん26

第26回「西郷、京へ」。
西郷は遠島より5年ぶりに帰ってきます。
新章スタートということで、
初登場キャラが沢山出ていました。

岩倉具視笑福亭鶴瓶・・・まあ悪くない。
勝海舟遠藤憲一。渋めですね。
あんまり江戸っ子感無いですが、
どんな海舟になるのか楽しみではあります。
そして坂本龍馬小栗旬
微妙に大河にはチョイ役で何度も登場していますが、
今度はある程度重要な役回りとなってきそうですね。

島から鹿児島に帰った5日後、京へ向かって出発。
久々に黒木華扮するも登場しました。

京へは諸侯を集めて参預会議が開かれて、
一橋慶喜島津久光が火花を散らしてます。
西郷は大久保を尋ねると、大久保は宴会で畳を回している。
久光が帰るというので、
せめて家臣らを繋ぎとめていたのだそうです。

西郷は久光に謁見しますが、
久光は「一橋も好かぬが、お前はもっと好かぬ!」
と西郷を下がらせる。
しかし慶喜が久光を嫌う理由も、久光が西郷を嫌う理由も、
なんだかよくわかりませんねぇ。

西郷は慶喜に会いに行きますが、門前払いされる。
対応した平岡円四郎が周りを見回すと、
素人のような密偵がうろうろしています。

西郷は宿へ戻ると、ふきが慶喜の書状を待っていました。
ふきはなんと慶喜に身請けされて側室になったとの事。
マジっすか!薩摩の農民の子ですよね・・・。
しかも「ウチの人」って・・・。

遊郭で慶喜と再会した西郷は、
久光ともう一度会ってくれと言うが、
あいつはイモだと取り合わない。
慶喜はあれほど憎かった井伊直弼が、
凄い男だったんじゃないか?と言う。
西郷は否定しますが、理由が橋本左内らを殺したからって・・。
あまりにも私的な理由ですねぇ。
で、慶喜は久光に会う事します。
・・が、久光は一橋と話ても無駄だと薩摩に帰るという。
その代わり西郷は軍賦役兼諸藩応接掛に任命されます。

一橋家家臣平岡円四郎が慶喜に間違えられて殺される。
この件を慶喜は恐れ、なんだか人が変わった様子。
ああ。こういう風に慶喜の行動心理を描くつもりなんだな。

しかし平岡が慶喜に間違えられて殺されたって・・。
平岡は慶喜を裏で操っていると考えられて殺されたわけで、
慶喜自体はまだ天誅の対象ではなかったわけですが、
慶喜を狙ったのだとすると、また話が変わってきますよねぇ。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。