西郷どん25

第25回「生かされた命」。
衰弱して倒れた西郷は、
土持政照らによって運ばれ一命を取り留める。
川口雪篷にこれで懲りたろうと言われますが、
西郷は大久保を信じ続けます。
土持は西郷に新しい牢を建てる事を思いつき、
住みやすい座敷牢が完成。
これだけしてもらったのだから、
西郷は、せめて学問でも教えようと子供達を集めます。
集まった子供らの中に、家に入って来ない者がおり、
理由を聞くと彼らは「家人」といういやしい身分であり、
家には入ってはならない決まりであるという。
西郷は「日新公のいろは歌」の一節を聞かせ、
身分で値打ちは決まらないと、家人を部屋に入れました。

一方、島津久光は薩摩への帰路「生麦事件」を起こす。
英国はその賠償に30万両を要求。
一橋慶喜は、
薩摩が勝手にした事だから薩摩に払わすべき」と主張。
英国艦隊は薩摩に向かいますが、
大久保は徹底抗戦を主張。
降伏するは戦わずして負けを認めると同じ」という、
至って当たり前の事を久光に進言して、
英国と戦う事になりました。
海江田信義奈良原喜左衛門は切腹しようとしますが、
大久保に止められます。
・・・海江田はここで死んだ方が良かったですねぇ。

沖永良部島でも何故か英国艦隊の来襲が伝えられ、
雪篷は島抜け未遂、
土持は島に英国が攻めてくると妄言を吐き、
結局、西郷の発案で丸太を大砲に見立て、
海岸に並べる事になる。
・・・マジか・・・。

しかし島民は西郷の作戦には協力しません。
そこへ西郷が教えた子供達が手伝いに来る。
雪篷は子供達にナポレオンの事を教えます。
革命の大英雄だという。
ナポレオンはフランス革命後の人物ですけどね。
そしてだんだんと手伝う人が増えてきます。
その様子に雪篷は「まるで革命の様じゃ」とつぶやく。
なんだろうな。この茶番は・・・・。

しばらくすると薩英戦争が終了したことが伝えられ、
西郷も薩摩に呼び戻される事になります。
そして迎えに来たのは弟の信吾でした。
信吾はスイカ売りに化けて、
黒船に乗り込もうとしたという話をします。
このエピは事実ですね。

沖永良部島を出た西郷一行は、
途中で村田新八喜界島で拾い、一路薩摩へ。
途中、信吾の機転で奄美大島に寄って愛加那に会う。
しばらくは愛加那は出てこないとおもいますので、
一応見納めですね。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。