西郷どん5

第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」。
もったいない回の使い方だなぁと感じた回でした。
この「西郷どん」は全47回と例年より少ない。
今回は、史実に沿わぬ御膳相撲に終始ました。
篤姫役の北川景子のお披露目の回といった雰囲気。

晴れて藩主となった島津斉彬
皆はこの新しい藩主に期待します。
そして藩主就任の祝いに御膳相撲が開かれるという。
しかし皆の期待に反して、
斉彬は前藩主の政策を変更しないと宣言し、
処罰されていた斉彬派家臣の放免もしない。
そこで御膳相撲に優勝して斉彬派家臣の赦免を請おうと、
相撲の鍛練に励みます。

に縁談がありますが、糸は煮え切らない。
下駄占いで嫁に行くか決めようと下駄を飛ばすと、
その下駄が誤って川に飛んでいき、
ウナギを取っていた西郷に当たる。
まず橋の上で下駄占いをしようと思うのが無謀ですよね。
危ないったらありゃしない。
普通はその高さから下駄が頭に当たったら、
怪我では済まないでしょうね。
そんなこんなで下駄が川に流れて歩けなくなった糸を、
西郷は大久保の家までおんぶして送ります。

下鍛冶屋町の代表は若者頭の西郷と思われていましたが、
村田新八は自分が出ると息巻き、西郷に勝って代表となる。
しかし御膳相撲の当日、村田は腹痛を訴えて相撲が出来す、
代わりに西郷が出る事になります。
・・なら村田が代表になるというくだりは必要無かったね。

西郷は順調に勝ち進み、決勝戦に進出。
於一(篤姫)は、隣の姫様と相撲の勝敗を賭けています。
西郷は相手が足を負傷したことを知りますが、
そこを狙わずに正々堂々と戦って優勝を勝ち取る。

勝利した西郷の許に斉彬がやってきて、
次はワシじゃと相撲を取ることを要求。
周りの連中は殿様に勝ったら打首になると止めるが、
西郷は斉彬と相撲を取って勝ってしまう。
で、西郷は捕まり牢屋に入れられたところで今回は終了。
なんだろね。この茶番・・・。

ところで西郷は肩の怪我で刀を持てなくなったのでは?
そんな体で相撲に勝ち進めるなんて、
薩摩隼人はなんて軟弱なんでしょう。

////5/////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。