西郷どん18

第18回「流人 菊池源吾」。
月照と心中を図った西郷でしたが、
奇跡的に助け出されます。
しかし助かったのは西郷のみで、
月照は死んでしまいました。
打ちひしがれた西郷は菊池源吾と名を変え、
奄美大島に流されます。
ちなみに西郷家の先祖は、
肥後の豪族だった菊池家らしいですね。

島民はサトウキビを年貢として納めていますが、
その取り立ては厳しく、生活は困窮していました。
西郷は島の名主龍佐民の屋敷の離れを住まいとしますが、
島民が持っていく食事を受け付けようとはせず、
とぅまという娘が西郷の世話を買って出ます。

島の子供が砂糖を舐め、
藩の役人に責められているところを西郷が助け、
とぅまはその事で礼を言いますが、
西郷は相変わらずの態度。
島民の困窮は島津斉彬の蘭癖にせいで、
斉彬の死を島民は喜んでいたと聞いた西郷は、
民の為にどれだけ尽くされた事かと怒りますが、
とぅまはその民の中に島民は入っていないと嘆きます。
ごもっともな意見です。

大久保から手紙が届き、
安政の大獄により橋本佐内が殺されたと知り、
西郷は嵐の中で泣き叫びました。
次の日、とぅまは高熱で倒れている西郷を見つけ、
島民らと共に西郷を看病します。

元気になった西郷は、
龍佐民からとぅまが熱心に看病してくれた事を聞き、
とぅまに礼を言って、島の事を教えてほしいと頼むのでした。

今回から新展開。
アンゴとかケンムンとか聞きなれない言葉が出てきます。
文書で島妻と読んでいるとなんとも思わなかったのですが、
「アンゴ(島妻)」と聞くとなまめかしく感じるのは、
僕だけでしょうか??

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。