西郷どん30

第30回「怪人 岩倉具視」。
笑福亭鶴瓶岩倉具視・・・。
これほどのナイスキャストはなかなか無いのでは?
鶴瓶ってほとんど演技なしでそのまま岩倉具視!
素晴らしいキャスティングだと思います。

西郷は朝廷と幕府を切り離そうと模索しますが、
なかなかその手段が見つからない。
近衛邸に出向いた西郷はそこで岩倉具視の存在を知る。
西郷は大久保に岩倉に会わせてくれと頼み、
大久保は乗り気ではないが、西郷を岩倉村へ連れて行きます。

西郷は岩倉と面会。
岩倉邸に滞在しますが、岩倉邸は夜は賭場に変わり、
西郷と大久保は呆れますが、西郷は賭博に参加してボロ負け。
しかしそこでボロ勝ちしている桂小五郎を見つけます。
微妙に維新三傑が揃いましたが、
桂は薩摩と手を組むつもりは無いと言う。
桂と大久保は刀を抜いてにらみ合うまでに発展しますが、
そこへ岩倉が登場し水を差す。
桂の剣技ならば2人を切り捨てることも可能でしょうね。

西郷は岩倉邸に残り、岩倉邸で岩倉の京への帰還の意志と、
岩倉の策の掛かれた書類を発見。
しかし、岩倉は自分は天子様に忘れた存在だと嘆きます。

西郷は岩倉の帰還を模索。
西郷は薩摩藩士らを連れて岩倉邸へ。
薩摩藩士らは岩倉の話を聞きたいと嘆願しますが、
岩倉は自分の話は全て嘘だと言い捨てます。
そこへ岩倉の息子が登場し、岩倉の罪が許されたと報告。
これに感極まった岩倉は御所の方向を向いて土下座し、
威勢をとりもどす事となります。
・・はて?岩倉が許されたのは慶応3年11月のはずですが??

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。