西郷どん11

第11回「斉彬暗殺」。
将軍徳川家定ピース又吉の迫真の演技で、
大うつけのように表現されています。
まあ、家定に関しては諸説あるのですが、
バカのようではありますが、
それほど病弱そうではありませんねぇ。

将軍候補の徳川慶福が登場するのですが、
お菓子を両手で食べるなんとも行儀の悪い子で、
井伊直弼が託っているように表現されていますが、
慶福はすでに紀州藩主という立場でした。

西郷は薩摩藩の継嗣虎寿丸と相撲の稽古。
いきなり虎寿丸は倒れて帰らぬ人へ。
そんな病弱だったのに相撲の稽古??
この状況だったら、責任は西郷に向けられると思う。

島津斉彬は悲しみを推して働き続けます。
前水戸藩主徳川斉昭一橋慶喜
越前藩主松平慶永らと会合。
そこには西郷や橋本佐内も同席します。
篤姫が御台所となっても、
家定との間には世継は望んでいない事を確認し、
この試みは慶喜を将軍にする為であるとの認識を示すが、
当の慶喜は将軍になる事を望んでいない様。

そして、斉彬は倒れて危篤状態。
西郷はどっかの滝や護摩行で斉彬の回復を祈り、
なんとか斉彬は持ちなおします。

西郷はが盛られているのではないかと疑い、
品川宿のキャバクラ(笑)の橋本佐内の許へ。
斉彬の膳から拝借した焼魚を鑑定し、
ヒ素が混入されていることを掴みます。

西郷はヒ素を盛ったのは、島津斉興お由羅の仕業と考え、
薩摩藩下屋敷の2人のもとへ。
しかし、毒が盛られたのは彼らの仕業ではないようでした。

西郷は斉彬に毒を盛った者の探索をしている事を咎められる。
斉彬はそんな事をする為にお前を召し抱えたのでは無いと言い。
時間が無いのだ!」と叫びます。
・・その割に悠長に基礎開発ばかり進めているようですが・・・。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。