西郷どん37

第37回「江戸城無血開城」。
台風で一週先延ばしとなりましたね。
西郷を呼び出した天璋院は、徳川慶喜の首を差し出すという。
自分と慶喜の命で徳川を助けてくれと頼む天璋院でしたが、
西郷は完膚なきまでに徳川を討ち果たすと断ります。
江戸城総攻撃は15日と決まったから、
早く逃げて下さいという西郷に、
天璋院と幾島は徳川として戦うという。

西郷は勝海舟と会談。
鳥羽伏見の戦いの引き金である江戸薩摩藩邸焼討事件の、
焼き討ちされた薩摩藩邸とは三田にあった上屋敷の事で、
その他にも田町高輪渋谷白金にも、
中・下屋敷などがあったようです。
会談が行われたのは田町か高輪の藩邸でした。

勝は西郷に非戦の条件を話すと、
西郷はあっさり総攻撃を取りやめる。
民の為」「民の為」「民の為」・・・・久々ですが、
この鼻に付く言葉が江戸を戦火から救ったとは・・・・。
後に九州全土を火の海にしてしまうんですけどね。
「民の為」とどう整合性をつけるんでしょ??

慶喜の首は譲れないという西郷に、勝は会いに行けという。
これで今年も上野の桜が見られると言い、
上野にお前さんの銅像とやらを建ててやらなきゃと、
予言めいた事を勝はつぶやきます。
まあ、桜が散った後に上野は火の海になるんですけどね。

西郷は慶喜に会いに行き、何故戦わずして逃げたのかと聞く。
慶喜は仏公使ロッシュから逃げたのだと答え、
フランスは精鋭12万銃5万丁を援助し(マジか!)、
その見返りに薩摩をよこせと言われたから、
逃げるしかなかったと話す。
まあ突拍子の無いストーリーですが、
しっかりと複線を改修しましたね。
この辺が「花燃ゆ」と違うとこでしょうか。

京に戻った西郷は江戸城開城の条件を新政府に伝えると、
木戸孝允が慶喜の首を刎ねなければ、
長州の屈辱を晴らせぬと強硬姿勢。
あああ・・・やっぱり長州はそういう風に描かれるのね。
木戸は新政府の中でも穏健派だったハズですけど・・。

結局、総攻撃は中止。
江戸城は明け渡され、慶喜は水戸へ謹慎。
天璋院は西郷に徳川幕府の書類を渡す。
その中には二宮尊徳の書もあり、
西郷は「民がどれだけ助かるか・・」と。
またか・・・。

で、彰義隊が上野に集結。
木戸はほら見てみろといった具合に息巻きます。
う~ん。
長州内でも穏健派の木戸がこれじゃあ他の長州人はですね。
・・・と思っていたら大村益次郎が登場。
変な特殊メイクですね。なんかすごい違和感があります。
戦を知らん」と皆に言ってますが、
これじゃいくら命があっても足りませんねぇ。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。