西郷どん1

最低最悪の幕末大河「花燃ゆ」より2年。
期待と不安の大河ドラマ「西郷どん」が、
とうとう始まってしまいました。
とりあえず1年間、感想を続けていきたいと思っています。
最悪の「花燃ゆ」で続けられたんだから、
最後まで続けれる自信はありますが、
どうせなら良い作品であってくれと願う次第。

第1回「薩摩のやっせんぼ」。
上野の西郷隆盛像の除幕式から始まります。
多くの参列者の中、西郷従道の横に座る
除幕された像は、愛犬を連れた浴衣姿の西郷隆盛。
糸は大きな声で、
旦那さぁはこげな人じゃあいもはん!」と叫ぶ。
参列者たちは当惑し、従道に引かれて糸は退出します。
いきなり上野の銅像をディスりましたが、
これは良く知られる話ですね。

第1回は恒例どおり、主人公が子役で登場。
幼少期のエピソードが語られます。
後に出会う重要人物との運命的な出会いの場面なのですが、
今回は西郷と島津斉彬の運命的な出会いでした。

茶会に大量の菓子があるという事で、
皆で島津家の別邸仙巌園へ。
伊藤と名乗る謎の少年と共に仙巌園に潜り込みますが、
案の定見つかって追いかけられます。

逃げた先では大砲の火薬の試験をしている島津斉彬が・・。
少年達は斉彬を天狗だと勘違いし、
斉彬は見たことを公言するなとカステラをくれます。

基本的に世子である斉彬は江戸暮らし
運命的な出会いを演出するために、
お忍びで国元に来させたようですが、
それは無茶すぎのような気がしますね。

その後、島津義弘の奇跡の生還を祝う祭「妙円寺詣」で、
郷中の少年達が妙円寺への一番乗りを競う。
甲冑を着た少年達が競争する祭のように描かれていますが、
ネットで調べると大人も参加した祭のようですね。

伊藤という少年も、何故か西郷と同じ郷中チームで参加。
見事一番乗りを果して、褒美の餅をゲットするのですが、
そこで伊藤という少年が糸という女だとわかります。

なんで伊藤少年が郷中ごとに分けられているはずの競争で、
西郷の郷中チームに入ってるのでしょうね?
それよりも糸を男勝り設定にする理由は何?

そこへ島津久光が現れ、西郷らにねぎらいの言葉を掛ける。
その場にいた赤山靭負は従者の一人に向かい、
あなた様は!!」と大声で叫びます。
お忍びで来ている斉彬は、従者に変装しているのですが、
それを察しないKYな赤山は、皆に斉彬だとばらしてしまう。
心の広い斉彬はそんなことは気にせず西郷に声を掛け、
ばれていないかのように従者として去っていきます。

西郷は糸の気持ちがどんなものか女装して町を歩きます。
その姿を父親に見つかって連れて帰られる。
微妙にプロレスラーの人がチョイ役で出てましたね。

その後、因縁のある他の郷中少年達が西郷を襲い、
相手の刀の鞘が割れて刃が西郷の肩に当たり、
大怪我を負ってしまいます。

その怪我がもとで刀の振れない体になった西郷のもとに、
怪我をさせた張本人の親が現れ、
怪我をさせた息子に腹を切って詫びると言いますが、
西郷の父吉兵衛は逆に詫びるのはこっちだと謝る。
これに腹を切らすとまで言った親は何故か豹変して、
誤りもせずに立ち去ってしまいます。

自暴自棄の西郷は、狩りをしている斉彬に再び出会い、
刀の振れない体になってしまったと泣きます。
斉彬からしたらそんな事知るか!って感じでしょうが、
弱き民を助ける強い武士になれ」と励まし去っていく。

西郷ら子供達は城山に登り、
将来お城に誰が一番に登るか競争だと誓い合いますが、
城の裏に簡単に登れる薩摩藩の将来の方が気になりました。

さて第1回ですが、西郷は小吉と呼ばれているのに、
弟は吉二郎と呼ばれるなど、
少し考証が甘いような感じがしました。
まあ脇役の名前はややこしいので、
あえて変更しないという事もありますので、
この件はまだ何とも言えませんが、
兄が小吉で弟が吉二郎って何か変でした。

それよりも薩摩にいるはずもない斉彬を、
わざわざ江戸から来させた事が、
これからの事を考えると不安でなりません。

また、西郷像をディスった糸役の黒木華
像が除幕する前からなんだか虚ろな表情で、
西郷はこんな人ではないと大げさに叫ぶ演出は、
ちょっとやりすぎな気がします。

小柳ルミ子由羅・・・・めっちゃ怖い・・・・・。

1/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。