西郷どん17

第17回「西郷入水」。
西郷月照は追ってから逃亡。
いつのまにか鹿児島まで帰ってきて、
西郷の家に月照を匿おうとします。
ばあ様はボケているようで、
西郷を父の吉兵衛と思い込む。

一方、島津斉興お由羅も鹿児島に帰って来る。
島津久光島津斉彬の遺言で、
久光の子島津茂久を藩主にし、
自分は後見人となると斉興に許しを願います。
斉興やお由羅としても、
久光の子が藩主となる事を良しとします。

江戸では天璋院が将軍となった徳川家茂と面会。
自分を母として頼って欲しいと言いますが、
家茂は天璋院に疑心を抱き、信用していないと告げる。

このまま江戸に残る事に決めた天璋院でしたが、
幾島は暇を請い京へ帰ると言い、涙の別れとなります。

西郷は藩に月照の庇護を進言するつもりでしたが、
大久保が藩の情勢が怪しいから身を隠してくれと言われる。
次の日、大久保は重臣の山田に会って、
西郷と月照の庇護を進言してほしいと頼み、山田も了承。

山田は殿様に進言するつもりでしたが、
斉興が実権を取り戻し、斉彬の方針は覆されてします。
斉彬は幕府に逆らったと斉興は叫んでいますが、
別に斉彬は反幕的な行動をしていたわけではないはず・・・。
結局、西郷と月照は「日向送り」となる。

大久保は久光に助命を嘆願しますが、
久光はそれを突っぱねます。
山田にも相談し、斉興に西郷の助命の代わりに、
月照を西郷に斬らせる約束をとりつけ、
西郷は了承しますが、月照と共に入水自殺を謀ります。

さて、BL要素(?)はまあ大したことなく終了しました。
もっと月照と西郷の会話を描いても良かったんじゃないかと思う。
エヴァンゲリオンのシンジとカヲルのような微妙な感じの。
ま、ちょっと難しいかな?

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。