西郷どん19

第19回「愛加那」。
西郷は島の暮らしに馴染んできたようで、
とぅまを手伝ったり、子供らに握飯を振る舞ったり、
砂糖車を鉄で作ってもらうように掛け合ったりします。
なんでも鉄で作ったらいいと思うところは素人感覚ですね。
木でも精度高く作れば、何にも問題ないと思いますよ。
鐵は錆るしね。

ある日、代官連中が砂糖を隠し持っていたとして、
隣村の者を引き回すところに遭遇。
とぅまらは見せしめの為にウソを付いているのだという。

代官らは佐民のところにもやってきて、
砂糖を隠し持っていると家探しを始める。
自ら持ってきた砂糖を見つけたと言い、佐民らを捕える。
まるで北斗の拳の世界のようです。

佐民は拷問を受ける。
上役から砂糖の取り入れが少ないとお叱りを受けた事を、
佐民らが砂糖を隠した事にしようとしているようです。
なんて悪人なんでしょ。
実際には佐民は為政者側で、裕福だったようですけどね。

島民は一揆を起こして佐民を取り返そうとする。
西郷が止めに入るが、島民の怒りは止まらず一揆が勃発。
代官はとぅまに佐民に会わせると言い、
倒れている佐民のところに連れていく。
代官はとぅまにアンゴにならんかと言うが、
とぅまは触ったら死ぬと喉に刃物を突き刺そうとします。
寸でのところで西郷が止めに入り、佐民らを牢獄から出す。

代官は上申状を藩に書こうとするが、
西郷の正体を知ってこの件はうやむやになります。
一揆までになったらうやむやには出来ないでしょ?

とぅまは西郷にアンゴにしてくれと自ら頼む。
西郷はアンゴにはできん!妻になってくれという。
そして2人は結婚。
とぅまは自分に新しい名前を付けてくれと言い、
西郷は愛加那と名付けます。

しかし・・西郷がケンシロウ
とぅまがリンに見えて仕方ない・・・。
バットっぽいのもいるし。

/////////10/11/12/13/14/15
16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37
38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/総評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。